FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「ぷっ」すま
anta02.jpg

今回は5月5日に放送された「ぷっ」すまについて書きたいと思います。今回の「ぷっ」すまはゴールデンウィークまだ間に合うレジャースポットを紹介するということで木更津で遊ぶという企画でした。

いつもの「ぷっ」すまといえばゆるーい感じのオープニングから終始ダメダメなMC陣の感じですが、今回のオープニングは違いました。周知の通り番組MCの一人である草さんがしばらくの間、出演ができないということでユースケさんひとりでのオープニングとなりました。

そんなオープニングで今回はゲスト頼みになりそうとのユースケさんが言ったんですが、そんな状況で今回番組を頼まれてしまったゲストはアンタッチャブルの山崎さん柴田さんのお二人とスザンヌさんの3人でした。

オープニングからいつもとは違う状況にユースケさん大熊アナともに戸惑いますがそこはゲストであるアンタッチャブル山崎さんが持ち前のキャラクターで盛り上げます。

まずは海で遊ぶということで水が入らないような衣装に着替えたんですが山崎さんだけは築地の人のような衣装が用意されていて、それに着替えた山崎さんはまさに本職の人といった感じで笑えました。

す立て漁という定置網に魚を囲ってそこのなかでてや網で魚を捕まえる漁に挑戦しました。その囲っている網の中には毒針を持つエイがいてますそれを駆除しなければなりませんがその網の中にはかなりの数のエイがいて一同をビビらせました。

駆除が終わりいざ漁がスタートすると、その漁にはルールがありましてそれはゲストとユースケさんはカードを引きましてそこに書いてある捕獲器具で捕まえるといった単純なルールです。

まず柴田さん大きなザルのカードを引いて挑戦しました。そこで見事大物のサメを「サメロール」という技でゲットします。続いてスザンヌさんは大きな網で挑戦します、そしてなぜか死んでしまっているスズキを獲得しました。次にユースケさんがテニスラケットという難題に挑戦します、そこでミラクルでフグをゲットし、元軟式テニス部だという実力を見せました。最後に山崎さんが軍手で挑み、天然のうなぎを見事に獲得しました。

そのあと海岸でアオヤギ狩りを行いまして、そのあとハマグリを焼いて早くハマグリの口が開いたほうが勝利というゲームを行いました。そこでは柴田、山崎、スザンヌ、ユースケの順でハマグリの口が開き勝負は決着しました。

海から「ダチョウ王国」という動物園に移動して、アフラック的なアヒルやミラバケッソのCMでおなじみの動物アルパカへの餌やりを一同は楽しみました。

ここでもゲームは行われ、両肩につけて餌をダチョウにどれだけ食べられずにいられるかという奇抜な内容でゲームは行われました。そこでは柴田さんが両肩ではなく目に付けるという荒技をして0秒しか持たずにダントツの最下位となりまして、ダチョウとのキスを撮影という罰ゲームが行われました。

その後のポニー乗馬で山崎さんに落馬という悲劇が襲いまして、そのリベンジとばかりにエンディングでもポニーに乗りましたがそこでもやはりうまくはいかず番組は終了となりました。

今回の放送はいつもの「ぷっ」すまとはかってが違いましたが見事にユースケさんと進行の大熊アナとゲストの3人で切り抜けられていたと思います、すばらしかったです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック