FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『競馬の裏事情 疑惑の闇歴史』 渡辺敬一郎



今回は渡辺敬一郎著
『競馬の裏事情 疑惑の闇歴史』について書いていきたいと思います。


内容
「歴史は史実を多く知っているからと言って書けるものではない。
集めた史料を整理し、駆使するには、史観というものがぜひとも必要だ」

たとえ競馬、六〇年の歴史とはいえ、私にもそれが必要かと思う。

私の競馬に対する史観は、競馬とは馬の競走を通して、
人間社会が持っている善悪、正数と負数、表と裏、ピンからキリまでが、
全部出た象徴の世界だ、ということだ。

とくに裏、陰の部分がおもしろい。

人間の本性が出ているからである。

しかし、これまで出版されている競馬の関係書は、
ありきたりの名馬の物語か、そうでなければ、馬券作戦の本だった。

だから私は本書で、本当に人間の本音が出た競馬の闇の部分を、
名馬名勝負を扱った拙著『最強の名馬たち』(講談社)同様に、
等身大で書きたいと思った。


感想
この本で紹介されているのは競馬の闇の歴史です。

競馬の歴史が振り返られる時、
多くは名馬の話や名レースの話という風に
輝かしい歴史のことが語られます。

しかしその裏には確実に闇の世界が広がっていたのです。

「ただ、私のような自由な立場であれば、正史にないこと、
つまり光の部分とは対照的な闇の世界を書くべきであろう。
それが歴史の真実であり、それこそがフェアな歴史書であると信じる。」
(本文中からの引用)

著者がこう語るように、この本は、
光の影に闇があるという
当然の姿を写し出すことで真実を語ろうとする一冊です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック