FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
夏のハロコンが終了!!
9月1日、「Hello! Project 2019 SUMMER」の最終公演が行われました。

この「Hello! Project 2019 SUMMER」は、全国7会場で20公演が行われました。


このことに関する記事が『ザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

ハロー!プロジェクトによる
コンサートツアー「Hello! Project 2019 SUMMER」の最終公演が、
9月1日に東京・中野サンプラザにて行われた。

ハロプロに所属するグループが集結し、
全国7会場で20公演を展開してきた本ツアー。
1日の模様はライブビューイングで中継も行われ、
【harmony】【beautiful】と異なる2パターンで披露されていた
楽曲カバーメドレーを一挙両パターンで披露するという、
満員御礼の最終日にふさわしい大ボリューム。
アンジュルム新リーダーの竹内朱莉からは、
11月20日(水)に新体制初となるシングル発売も発表された。

8月24日に行われた中野サンプラザ公演以降、
モーニング娘。'19、アンジュルム、Juice=Juiceの3グループは、
新メンバーがパフォーマンスにも参加。
新体制での先陣を切ったのは、
工藤由愛と松永里愛の2人を加えて8人体制となったJuice=Juice。
2人の見せ場は少ないものの、
「微炭酸」を披露した際は攻めのナンバーに新しい伸び代を見せたシーンも。

さらに、続くアンジュルムは
「人生、すなわちパンダ・レイ」で、橋迫鈴を加えての12人体制に。
9月25日に卒業する勝田里奈がイントロのナレーションパートを務めると、
会場は大いに盛り上がった。

モーニング娘。'19 は北川莉央、山崎愛生の新メンバー2人を加え、
13人でパフォーマンス
(※もう1人の新メンバーである岡村ほまれは腰部治療のためMCのみの参加)。

後半戦は先月8日にメジャーデビューしたばかりで、
オリコンのウィークリーチャートで
1位も獲得したBEYOOOOONDSからスタートすると、
「アツイ!」を皮切りに全グループが1曲ずつ披露するノンストップステージへ。
ラストはアンジュルムの「46億年LOVE」で全グループがステージに集結し、
“結局はLOVEでしょ”と夏のコンサートツアーを鮮やかに締めくくった。

今後は各グループが新たな動きへと突入し、
モーニング娘。'19、Juice=Juice、こぶしファクトリー、
つばきファクトリーの4グループが9月から単独ツアーを開催。
アンジュルムは9月25日(水)に
パシフィコ横浜にて勝田里奈の卒業公演を控えている。

その他、Juice=Juice・宮本佳林のソロライブツアーや、
こぶしファクトリーの2ndアルバム「辛夷第二幕」の発売(10月2日[水])、
カントリー・ガールズの5周年イベントなどが続く。

昨年からの20周年イヤーを駆け抜けたハロー!プロジェクトは、
長年プロジェクトをけん引してきた和田彩花が
5月にアンジュルムを卒業するなどの転換期を超え、
新メンバーを加えてリフレッシュ&パワーアップ。
新たなディケイドへと突入していく。

また、11月20日(水)リリースの
アンジュルム新作両A面シングル
「私を創るのは私/全然起き上がれない SUNDAY」の、
「全然起き上がれない SUNDAY」はつんく♂が作詞作曲を担当。
アンジュルムのシングル楽曲としては
「恋ならとっくに始まってる」以来約3年ぶりとなる
つんく♂楽曲として、注目を集めそうだ。



今回の夏のハロコンは、
各グループの新メンバーが登場し初パフォーマンスを披露するなど、
注目すべき場面が多数ありました。

記事にもあるように、
この公演ではアンジュルムのニューシングルの発表があったわけですが、
つんく♂さんが作詞作曲を担当するというのは嬉しいですね。

ファンの多くが求めていたことだと言えます。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック