FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
名ジョッキーを背に―キセキ、「凱旋門賞」はC.スミヨン騎手とのコンビで
10月6日に行われる「凱旋門賞」に出走予定のキセキが、
クリストフ・スミヨン騎手を背に「凱旋門賞」に挑むことが決まりました。


このことに関する記事が『netkeiba.com』に掲載されていたので以下で紹介します。

フランスのパリロンシャン競馬場で行われる
フォワ賞(9月15日・G2・芝2400m)から
凱旋門賞(10月6日・G1・2400m)へ出走するキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)。
鞍上は両レースとも、クリストフ・スミヨン騎手が鞍上を務めることがわかった。

キセキは父ルーラーシップ、
母ブリッツフィナーレ、その父ディープインパクトという血統。
今年は大阪杯と宝塚記念の2戦に出走し、いずれも2着。
既に8月20日に出国しており、
現在はシャンティイを拠点に調整が進められている。

スミヨン騎手は、
2003年にダラカニ、2008年にザルカヴァでで凱旋門賞2勝を挙げており、
2012・13年には日本馬オルフェーヴルで連続の2着
(前哨戦のフォワ賞にも2年連続で騎乗し、ともに優勝)となっている。



「凱旋門賞」制覇は日本競馬界の悲願です。

そんな悲願達成に今年はキセキが挑むわけですが、
その相棒がC.スミヨン騎手に決まったことは大変心強いですね。

経験豊富な名ジョッキーを背にキセキが奇跡を起こせるかに注目が集まります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック