FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年~1827年)の名言
「人間はまじめに生きている限り、
必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。
しかし、それを自分の運命として受け止め、
辛抱強く我慢し、
さらに積極的に力強くその運命と戦えば、
いつかは必ず勝利するものである。」



これはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの名言です。

ベートーヴェンといえば、
音楽史上、最も偉大な作曲家とも評されるドイツの作曲家です。

1770年にドイツで生まれたベートーヴェンは、
若い頃に不遇の時を過ごしました。

虐待とも思えるようなスパルタの音楽指導を受け、
16歳の頃にウィーンに渡るものの、母の病もあり夢半ばで帰郷します。

21歳の時に有名な作曲家であるハイドンにその才能を見いだされ、
再びウィーンに渡り、ピアノの即興演奏の名手として名声を得ます。

しかし再び彼を悲劇が襲いました。

20代後半から持病の難聴が徐々に悪化、26歳で中途失聴者となるのです。

彼はこの時、自殺さえ考えたそうですが、思いとどまり、
その後に歴史に残るような曲を数多く生み出したのです。

今回の名言はまさに彼の人生そのものを写し出したような一言であります。

音楽家として死んだも同然の状態に陥りながら、
死を思いとどまり、自分に降りかかった苦難と戦い、
その後に勝利を掴み取ったのです。

このような大変な苦難に直面する人はそんなに多くはないでしょう。

しかしながらどんな人でも辛い時や苦しい時はあるはずです。

そんな時に、それに耐え、その苦難と戦った時に勝利の光は見えるのです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック