FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
まだまだ衰えない名手―武豊騎乗のワールドプレミアが「菊花賞」を制覇
10月20日、G1「菊花賞」が行われ、武豊騎手騎乗のワールドプレミアが勝利しました。

ワールドプレミアにとってはこれがG1初制覇です。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

10月20日の京都11Rで行われた
クラシック三冠最終戦・第80回菊花賞
(3歳オープン、牡・牝、GI、芝・3000メートル、
馬齢、18頭立て、1着賞金=1億2000万円)は、
武豊騎手騎乗のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。
武豊騎手は「昭和」、「平成」の2元号でJRA・GIを制しており、
3元号でのJRA・GI制覇を達成した。

菊花賞を勝ったワールドプレミアは、
父ディープインパクト、母マンデラ、母の父Acatenangoという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は大塚亮一氏。
通算成績は6戦3勝。
重賞は初勝利。
菊花賞は、管理する友道康夫調教師が初勝利、
鞍上の武豊騎手は1988年スーパークリーク、
96年ダンスインザダーク、2000年エアシャカール、
05年ディープインパクトに次いで5勝目。

◆武豊騎手(ワールドプレミア 1着)
「いいレースができて、馬が一生懸命走ってくれました。
馬の状態も、枠順も良かったので、
勝てるレースをしようと思っていましたが、いいレースができました。
(プラス12キロの馬体重?)調教をしっかりやれてのものだったので、
ようやく本格化したのかなと。
イレ込んでいる部分がありましたし、
まだまだ改善したいところもありますが、スタートを出てくれましたし、
道中も折り合いを欠くこともズブくなることもありませんでした。
春はクラシックに出れませんでしたが、今日こうやって勝てて、
僕も久々の菊花賞ですし、嬉しいです。
ディープインパクト産駒ということで意識もしていましたが、良かったです。
(菊花賞勝利の)最年少記録と最年長勝利記録を取れて嬉しい。
強いワールドプレミアを見せることができて、
僕も久々のGI勝利で嬉しいです」



ここ最近はG1の勝利からは遠ざかっていましたが、やはり武豊は凄いです。

武豊が淀を我が庭のように駆けていった、そんな感じのするレースでした。

今回のレースを観て、
ワールドプレミアはまだまだ強くなる馬だという感じがします。

これからが楽しみです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック