FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
大盛り上がりの中で終了―南アフリカ3大会ぶり3度目の優勝
11月2日、ラグビーワールドカップの決勝が行われ、
南アフリカがイングランドを32対12で下して優勝しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

◆ラグビーW杯 ▽決勝
イングランド12―32南アフリカ(2日・横浜国際総合競技場)

世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを破り、
3大会ぶり3度目の優勝を果たした。
前半から強力FWでスクラムでの反則を誘発。
得たPGをSOポラードが確実に決めて加点した。
後半25分にはウィングのマピンピが左中間にトライ。
南アフリカにとって3度目の決勝にして記念すべき初トライをマークし、
知将エディー・ジョーンズ監督率いるイングランドを振り切った。

南アフリカは1次リーグ初戦(9月21日)で
ニュージーランドに13―23で敗れてB組2位通過からの優勝。
1次リーグで黒星を喫して大会を制した初のチームになった。
またニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンと競う
南半球4か国対抗覇者が同年のW杯覇者になるのも初めて。

9月20日の開幕戦、ロシア―日本で始まり、
日本代表の初8強入りで大いに盛りあがった
世界三大スポーツイベントの1つは閉幕。
次回大会は2023年にフランスで行われる。

◆南アフリカの今大会成績
▽1次L第1戦 ●13―23ニュージーランド
▽第2戦 〇57―3ナミビア
▽第3戦 〇49―3イタリア
▽第4戦 〇66―7カナダ
▽準々決勝 〇26―3日本
▽準決勝 〇19―16ウェールズ

◆過去のラグビーW杯決勝◆
(1)1987年 ニュージーランド29―9フランス
(2)1991年 オーストラリア12―6イングランド
(3)1995年 南アフリカ15―12ニュージーランド
(4)1999年 オーストラリア35―12フランス
(5)2003年 イングランド20―17オーストラリア
(6)2007年 南アフリカ15―6イングランド
(7)2011年 ニュージーランド8―7フランス
(8)2015年 ニュージーランド34―17オーストラリア



この1か月半、日本はラグビーに沸きました。

これによってラグビーを好きになった日本国民は多くいるはずです。

まさにラグビーブームが巻き起こっているわけですが、
日本ラグビー界にとっては
これをブームではなく文化にしていかなければなりません。

次回大会が開かれる時、日本国内でどれだけの注目を浴びるのか、
日本ラグビー界の挑戦は今まさに始まったのです。






スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック