FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『記憶にございません!』 出演:中井貴一、ディーン・フジオカほか 監督:三谷幸喜



今回は『記憶にございません!』について書いていきたいと思います。


内容
国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、
演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、
一切の記憶をなくしてしまう。

各大臣の顔や名前はもちろん、
国会議事堂の本会議室の場所、
自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、
金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から
善良な普通のおじさんに変貌してしまった。

国政の混乱を避けるため、
啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、
啓介は秘書官たちのサポートにより、
なんとか日々の公務をこなしていった。

結果的にあらゆるしがらみから解放されて、
真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、
本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。


感想
三谷監督作品らしく、随所に笑いが散りばめられた、とにかく笑える作品です。

多くのおふざけをしながらも最後は大団円へと持っていく、
これもまた三谷監督作品らしい展開であります。

テーマは「政治」ということで、
とかく重くなりがちというか、デリケートなテーマでありましたが、
時に茶化しながら、
時に今の政治にメスを入れながら、理想の政治家像を描いています。

この辺りは見事という他ありません。

気持ちをスカッとさせたい時に是非とも観たい一作です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック