FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
国際競争の曲がり角―今年の「ジャパンC」に出走する外国馬が0頭に
今年のG1「ジャパンカップ」に出走する外国馬が0頭であることが分かりました。

これはこのレースの創設以来、初めてのことであります。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

今年のジャパンC(G1、芝2400メートル、24日=東京)は
81年の創設から39年目で初めて外国馬不在で行われることになった。
9日、JRAが外国招待馬を正式に発表し、「外国馬0」が確定した。

ジャパンCは「世界に通用する馬づくり」を目指し、81年に創設。
第1回はアメリカから参戦したメアジードーツが圧勝し、
日本馬と世界との実力差を見せつけられた。
日本馬は第4回(84年)のカツラギエースで初勝利。
翌年にも皇帝シンボリルドルフが勝利したが、
世界との差はなかなか縮まらず、86~91年には外国馬が6連勝。
欧州、北米、オセアニアからやってきた
凱旋門賞などビッグレースを勝った名馬たちがやってきて、
いくつものドラマを生んできた。

一方で、近年は日本馬のレベルアップ、
時計の速い馬場や検疫体制、
香港国際競走の充実を理由に
外国の競馬関係者がジャパンCを敬遠。
海外からの参戦馬は減少し、
ディープインパクトが勝った06年から
アーモンドアイが勝った昨年まで日本馬が13連勝中と、
国際競走としての魅力は薄れてきている。

今年のジャパンC登録馬は10日に発表。
日本馬はレイデオロ、ワグネリアン、マカヒキなどのダービー馬、
スワーヴリチャード、3歳牝馬カレンブーケドールなどが参戦予定。
天皇賞・秋を制した昨年覇者アーモンドアイ(牝4、国枝)は
香港カップ(G1、芝2000メートル、12月8日=シャティン)へ
向かうことが発表されている。



日本を代表する国際競走が曲がり角を迎えています。

これは、記事にあるように、
日本の馬場の問題や
香港国際競争と比較して「ジャパンカップ」の魅力が少なくなったことが原因です。

日本競馬界が世界の競馬界に伍していくためには、
どんどん日本馬が世界に挑戦していくとともに、
足元にあるレースの強化、つまりは「ジャパンカップ」の強化が必須であると言えます。

今年の苦い経験が来年以降に生かされることを願います。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック