FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『閉鎖病棟―それぞれの朝―』 出演:笑福亭鶴瓶、綾野剛ほか 監督:平山秀幸



今回は『閉鎖病棟―それぞれの朝―』について書いていきたいと思います。


内容
長野県のとある精神科病院にいる、
それぞれの過去を背負った患者たち。

母親や妻を殺害した罪で死刑判決を受けたものの、
死刑執行に失敗し生きながらえた梶木秀丸。

幻聴が聴こえて暴れるようになり、
妹夫婦から疎まれて強制入院させられた元サラリーマンのチュウさん。

父親からのDVが原因で入院することになった女子高生の由紀。

彼らは家族や世間から遠ざけられながらも、明るく生きようとしていた。

そんなある日、秀丸が院内で殺人事件を起こしてしまう。


感想
かなり重いテーマを扱った作品です。

この山の上にある病院に入院する人たちのことを、
山の下に住む人たちは「山の上の人」と言って遠ざけています。

しかしどんなに人間でも紙一重だと言えるのです。

他人を思いやったがために道を外す人や、
様々な思いが自分の中に渦巻きそれに耐えられなくなった人など、
内容は決して突飛なものではなく、
誰だってそうなる可能性を秘めているのです。

この作品は、
人生の夜に足を踏み入れたそういった人たちが
それぞれの朝を迎えていく様が丁寧に描かれた、心が震える作品です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック