FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最重量の覇者―サリオスがデビュー3連勝で「朝日杯FS」を制覇
12月15日、G1「朝日杯フューチュリティステークス」が行われ、
ムーア騎手が騎乗したサリオスが勝利しました。

サリオスはデビューから無敗の3連勝でG1初制覇を果たしました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

2歳馬チャンピオン決定戦・
第71回朝日杯フューチュリティステークス(G1、芝1600メートル)は15日、
阪神競馬場で行われ、
ムーア騎乗の1番人気サリオス(牡2=堀厩舎)が1分33秒0で優勝。
無敗馬の優勝は3年連続となった。
2着に2番人気のタイセイビジョン、
3着に14番人気のグランレイが入った。

勝ったサリオスは父ハーツクライ、母サロミナの血統。
通算成績は3戦3勝で中央G1初勝利。

サリオスは前走のサウジアラビアRCを540キロで出走し、
2歳重賞最高体重優勝記録を更新した。
今回538キロで勝ち、
2013年に528キロで勝ったアジアエクスプレスを超える最高体重記録となった。
(成績公報に馬体重が掲載されるようになった70年以降)

鞍上のムーアは、
2017年のチャンピオンズC(ゴールドドリーム)に続き中央G1通算8勝目。
朝日杯FSは13年アジアエクスプレス以来2度目のV。
管理する堀師は、
17年の宝塚記念をサトノクラウンで勝って以来、
中央G1通算12勝目となった。



記事にもある通り、
サリオスは「朝日杯FS」における歴代最重量の覇者となりました。

これまでの最重量の覇者だったアジアエクスプレスは、
「朝日杯FS」を制覇した後にG1を勝つことはありませんでしたが、
果たしてサリオスはどうなりますでしょうか。

今後の活躍に注目です。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック