FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
モーニング娘。'20の6名が『ダ・ヴィンチ』の表紙を飾る
『ダ・ヴィンチ』2月号にてハロー!プロジェクトについての特集が組まれ、
モーニング娘。'20の
譜久村聖(フクちゃん)、生田衣梨奈(えりぽん)、
石田亜佑美(だーいし)、佐藤優樹(まーちゃん)、
小田さくら(おださく)、牧野真莉愛(マリア)が表紙を飾りました。


このことに関する記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

ハロー!プロジェクトを特集した
月刊誌『ダ・ヴィンチ』2月号(KADOKAWA)が6日発売され、
モーニング娘。’20(トゥーゼロ)の
譜久村聖、生田衣梨奈、石田亜佑美、
佐藤優樹、小田さくら、牧野真莉愛の6人を起用した表紙と
特集『~幸せってまっすぐ選ぶだけ~ハロプロが女の人生を救うのだ!』の
内容が公開された。

大人の女性の熱狂的なファンが増加中のハロプロが
女性に与える「救い」をテーマに、30ページにわたって大特集。
グラビアインタビューでは
ハロプロをけん引するモーニング娘。’20とOGの道重さゆみが、
これから先の展望までをじっくりと語り尽くす。

「わたしの進む道。」と題したインタビューでは、
宮本佳林(Juice=Juice)、
佐々木莉佳子・上國料萌衣(アンジュルム)、
山崎夢羽・前田こころ(BEYOOOOONDS)が登場。
「本好き座談会」では、
広瀬彩海(こぶしファクトリー)・
浅倉樹々(つばきファクトリー)・
平井美葉(BEYOOOOONDS)の3人が語り合う。

ハロプロファン著名人、
朝井リョウ、犬山紙子、上坂すみれ、うすた京介、
菊池亜希子、大森靖子、野中モモ、柚木朝子の寄稿やインタビューも盛りだくさん。
ハロプロの魅力の一つでもある歌詞に注目した企画では、
作詞家・児玉雨子×作家・松浦理英子による対談「言葉による『救い』」を掲載。
応募総数1131票の読者アンケート「私を救ってくれた曲・歌詞」も盛り込まれる。



『ダ・ヴィンチ』でハロプロの特集が組まれるなんて思っていませんでした。

だって文芸雑誌ですからね。

アイドルの特集が組まれること自体が異例だと言えます。

しかしながら、今回このように特集が組まれたのは、
ハロプロが文芸雑誌で特集するに値する存在だと認められたからだと言えるのです。

ファンとしてはこれほど嬉しいことはありませんね。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック