FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
芝と砂の王者誕生―モズアスコットが史上5頭目の芝&ダート両GI制覇
2月23日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手騎乗のモズアスコットが勝利しました。

モズアスコットは2018年の「安田記念」を制しており、
これで芝とダートのG1を制したことになります。

これは史上5頭目となる記録です。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

2月23日の東京11Rで行われた第37回フェブラリーステークス
(4歳以上オープン、定量、
GI、ダート1600メートル、16頭立て、1着賞金=1億円)は、
クリストフ・ルメール騎手騎乗の
1番人気モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利。
今年最初のJRA・GIで、ダートマイル頂上決戦を制した。
タイムは1分35秒2(良)。

2着はケイティブレイブ(16番人気)、
3着にはサンライズノヴァ(3番人気)が入った。

モズアスコットはFrankel産駒の米国産馬で、
外国産馬のフェブラリーS制覇は2016年モーニン以来4年ぶり。
また、同馬は2018年の安田記念勝ち馬で、
芝&ダート双方でのGI制覇は
クロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに続き5頭目。

モズアスコットを管理する矢作芳人調教師は、
昨年末に実施された12月22日の有馬記念(リスグラシュー)→
12月28日のホープフルS(コントレイル)を連勝しており、
今回の勝利で、
2004年の松田国英調教師以来、
2人目のJRA・GI実施機会3連勝となった。 

フェブラリーSを勝ったモズアスコットは、
父Frankel、母India、母の父Hennessyという血統。
アメリカ・Summer Wind Farmの生産馬で、
馬主は(株)キャピタル・システム。
通算成績は21戦7勝(うち海外1戦0勝)。
重賞は2018年の安田記念(GI)、今年の根岸S(GIII)に次いで3勝目。
フェブラリーSは管理する矢作芳人調教師、
騎乗したC.ルメール騎手ともに初勝利。



強かったですね。

前走の「根岸ステークス」でもその強さは圧倒的でしたが、
いやはや驚きました。

ダート2戦目でG1を掻っ攫っていきました。

お見事です。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック