FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ヒーローたちの英断―バルセロナ、主将メッシが70%の給与削減受け入れ
FCバルセロナの選手たちが給与70%の削減を受け入れることを発表しました。


このことに関する記事が『GOAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

バルセロナの主将FWリオネル・メッシが、
新型コロナウイルスの感染拡大でクラブの財政が圧迫されるなか、
選手たちが給与70%の削減を受け入れることを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大によって非常事態宣言が出されたスペインで、
バルセロナ首脳陣は今季の減収が見込まれるために
非常事態下における月々の人件費を70%削減することを目指していた。
各スポーツ部門が受け入れる中、
フットボールのトップチームが難色を示していたとも報じられていたところだ。

そしてメッシは30日、
選手陣を代表してクラブの提案を受け入れたことを声明で発表。
さらに選手陣が、
自分たちより収入が低い
バルセロナの従業員の給与を削減させないために尽くすとも記している。

「この非常事態下で、
バルセロナのフットボール部門のトップチームについて色々なことが書かれ、
話されてきました」

「まず何よりも、私たちには
受け取っている給与の削減に同意する意思があったことを明らかにします。
なぜなら、現在の私たちは例外的な時期を過ごしており、
そして選手陣はクラブから頼まれ事をされたときに、
“いつだって”最初にそれを支持してきたのですから。
それだけでなく、選手陣は必要や重要とされる多くの物事に対して、
自ら進んで取り組んできたのです」

「だからこそ、クラブ内部で私たちに焦点を当てて、
私たちが間違いなく取り組むはずであったことをさせようと
プレッシャーをかけていた人物がいることに驚きを隠せません。
実際、合意が遅れてしまったのは、
これほどの難しい時期に
クラブと従業員を助けるための結論を探していたためなのです」

「私たちは非常事態下における給与の70%削減を受け入れるだけでなく、
クラブの従業員がこの厳しい状況の間にも
100%の給与を受け取れるように貢献することを発表します」

「私たちがここまで口を開かなかったのは、
クラブの、そしてこの状況下で一番損害を受ける人々の
本当の助けとなる解決法を探していたためです」

「そして、とても厳しい時期を過ごしている
すべてのクレ(バルセロナサポーター)に愛情のこもった挨拶、
励ましをせずに、この声明を終わらせるわけにはいきません。
誰もがそれぞれの自宅で、落ち着きを保ちながら、
この厳しい日々の終わりを待ち望んでいます。
私たちは、もうすぐこの窮状から脱することでしょうし、
全員で頑張っていきましょう。
万歳バルサ! 万歳カタルーニャ!」

なおメッシのこの声明に記された
「クラブ内部で私たちに焦点を当てて、
私たちが間違いなく取り組むはずであったことをさせよう、
プレッシャーをかけていた人物がいることに驚きを隠せません」との部分は、
メディアに対して自分たちが給与削減を望んでいないと
吹聴していた人物がいるとの指摘であり、
クラブ幹部への不信感を露わにした格好となった。

また70%の給与削減はあくまで非常事態下における月々の支払いであり、
例として年俸120万ユーロの選手で単純計算をすれば、
該当月に支払われる額が10万ユーロではなく3万ユーロとなる。



スポーツ選手とは人々を歓喜させ元気付ける代表のような存在です。

今現在、このような状況にあって、
自らのプレーで人々を喜ばせることが出来ないのは
スポーツ選手にとって辛いところでしょう。

そのような状況で、
再び人々を喜ばせることが出来る態勢が整うその日まで、
自らの身を削っていこうというのですから頭が下がります。

まさしくヒーローたちの英断だったと言えます。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック