FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『頭がいい人の読書術』 尾藤克之



今回は尾藤克之著『頭がいい人の読書術』について書いていきたいと思います。


内容
「読むのが遅い」「忘れてしまう」「3日坊主」
「時間がない」「集中できない」「速読で挫折した」「積ん読の山」……
そんな人でも大丈夫!

人気コラムニストの著者は、1年に1000冊の本を読み、400本の記事を執筆。

これまで読んできた本は優に1万冊を超え、
アウトプットしてきた本は7000冊以上にものぼります。

本書では、
著者が実践してきた
【1冊10 分でインプットし、30 分でアウトプットする技術】を初公開。

誰でも無理なく実践できて、簡単にマネできるように、
わかりやすく解説しました。

あなたが読んだ本を血肉に変えて、
「行動や成果に変える秘訣」を伝授します。

さらに、
効率的に記憶に定着させる方法や、アウトプットの技術まで、
あなたが読書で得られる学びを最大化する方法が盛りだくさん!!

今まで読書を習慣化できなかった人も大丈夫!

楽しくたくさん読めて、
グンと成長できる本書の読書術で、あなたの人生は好転します!!


感想
読書というものの良さを語りながら、
同時に読書というものをスパッと割り切って捉え、
ある意味でドライに読書を語っているのがこの1冊です。

「「本は最初から最後まで全部読むべきでしょうか?」
そのような質問をいただくことがあります。
結論からいうと、つまらなかったら、途中で読むのをやめてもいいのです。
前項でお伝えしたように、読書は楽しむものです。
つまらない本を読む時間は極力減らし、
あなたが楽しむことができる本を読むことをおすすめします。」
(本文中からの引用)

「時間がないから読書をできない」や
「読書が長続きしない」というような悩みを抱えている人に、
是非ともこの本を読んでほしいですね。

読書についての考え方が変わると思いますよ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック