FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『まなの本棚』 芦田愛菜



今回は芦田愛菜著『まなの本棚』について書いていきたいと思います。


内容
運命の1冊に出逢うためのヒントに!

「本の出逢いは人との出逢いと同じ」

年間100冊以上も読み、本について語り出したら止まらない芦田愛菜が
本当は教えたくない“秘密の約100冊”をご紹介。

世代を超えて全ての人が手に取ってみたくなる
考える力をつけたい親御さんと子供たちにも必読の書です。

Q 本の魅力にとりつかれた初めての1冊は?
Q 一体、いつ読んでいるの?
Q どんなジャンルの本を読むの?
Q 本を好きになるにはどうしたらいい?
Q 好きな登場人物は?

スペシャル対談
・山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長 教授)
・辻村深月さん(作家)
も収録!


感想
著者の芦田愛菜さんは、天才子役を経て、現在は女優さんとして活躍中です。

その活躍と同時に、芦田さんは大変な読書家でもあります。

そんな芦田さんの本への思いが綴られたのがこの1冊なのです。

「1年間にどれくらいの本を読んでいるの?と聞かれたことがあって、
数えてみたら、100冊以上の本を読んでいました。
読み方も、学校の課題の本を読みながら、自分の好きな小説を1~2冊。
それに図鑑をパラパラ広げてみたりと、
3~4冊の本を同時並行して読むこともよくあります。」
(本文中からの引用)

この本には芦田さんの、年相応というべきか、
背伸びをせずに実に素直で真っすぐな文章が綴られています。

これがかなり好印象なんですね。

是非とも皆様も芦田さんの素敵な文章に触れてみて下さい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック