FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
新藤兼人(1912年~2012年)の名言
「人は老いれば、
老いというものの中にいろんな問題を抱えます。
金銭的に恵まれないとか、健康を害するといったことです。
しかし、生き方の成り行きの中で
それらにまみれて自滅していくのはやはり悲しい。
できれば、闘いながら終わっていきたい。
そのためには何のために生きるかという自分の意志や個性、
生き方をしっかり持っていなければならないと私は思います。」



これは新藤兼人の名言です。

新藤兼人といえば日本を代表する映画監督として知られています。

『愛妻物語』、
『原爆の子』、
『裸の島』、
『裸の十九才』、
『石内尋常高等小学校 花は散れども』、
『一枚のハガキ』など彼の生み出した作品はいずれ劣らぬ佳作ばかりです。

戦争や原爆について、そして性のタブーに挑戦するなど、
まさしく冒険的な作品を世に放ち続けました。

そして新藤監督といえば100歳まで生きたことが有名です。

その死の前年には遺作となる『一枚のハガキ』が公開されていますが、
このことは創作意欲が最後まで尽きなかったことを表していると言えるでしょう。

ではなぜ最後まで創作することをやめなかったといえば、
名言に表されている思いが彼の中にあったからだと言えます。

「闘いながら終わっていきたい」

まさに生涯現役でその人生を終えた新藤監督にふさわしい言葉だと言えます。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック