FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
競馬史に名を刻む―コントレイルが無敗で2冠制覇
5月31日、G1「日本ダービー(東京優駿)」が行われ、
福永祐一騎手騎乗のコントレイルが勝利しました。

コントレイルは無敗でこのレースに臨んでおり、
父であるディープインパクト以来となる無敗での2冠制覇を達成しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

5月31日の東京11Rで行われた
第87回日本ダービー
(3歳オープン、牡・牝、GI、芝2400メートル、
定量、18頭立て、1着賞金=2億円)は、
福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が
皐月賞に続き無敗2冠制覇。
東京競馬場で開催される5週連続GIの第4戦“競馬の祭典”を制し、
2017年に生まれたサラブレッドたち7262頭の頂点に立った。
タイムは2分24秒1(良)。

2着はサリオス(2番人気)、
3着にはヴェルトライゼンデ(10番人気)が入った。

コントレイルは、
2歳時に3連勝でホープフルSを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。
3歳になった今年はトライアルなどに出走せず皐月賞へ直行し、
無敗の皐月賞馬となった。
無敗で皐月賞&ダービーの2冠制覇は、
2005年のディープインパクト以来15年ぶり7頭目の偉業で歴史に名を刻んだ。

コントレイルを所有する馬主・前田晋二氏は2013年キズナ、
同馬に騎乗した福永祐一騎手は2018年ワグネリアン、
同馬を管理する矢作芳人調教師は
2012年ディープブリランテ以来のダービー2勝目。

また、コントレイルの父であるディープインパクト産駒は、
歴代最多タイのダービー6勝目で、
2018年ワグネリアン、2019年ロジャーバローズと3年連続制覇となった。

日本ダービーを勝ったコントレイルは、
父ディープインパクト、母ロードクロサイト、
母の父Unbridled’s Songという血統。
北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、馬主は前田晋二氏。
通算成績は5戦5勝。
重賞は昨年の東スポ杯2歳S(GIII)、ホープフルS(GI)、
今年の皐月賞(GI)に次いで4勝目。
日本ダービーは、矢作芳人調教師は12年ディープブリランテ、
福永祐一騎手は18年ワグネリアンに次いで2勝目。



圧倒的な強さでした。

今回のレースを観て、
ディープンインパクトの「日本ダービー」での走りを思い出してしまいました。

まだ底が見えていないというか、
まだまだ伸びる余地を感じさせるような走りがそっくりでした。

果たして無敗の3冠馬となれるのか、秋の「菊花賞」に注目が集まります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック