FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
辿り着いた節目―巨人がプロ野球初の6000勝に到達
6月19日、プロ野球の開幕戦が行われ、
阪神と対戦した巨人は3対2で勝利し、
プロ野球史上初となる球団通算6000勝を達成しました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

<巨人3-2阪神>◇19日◇東京ドーム

巨人が開幕戦で阪神に勝利し、
プロ野球史上初の球団通算6000勝を達成した。
球団初勝利は、
36年7月3日大東京戦で畑福俊英、スタルヒンのリレーで10-1で快勝。
昭和、平成、令和と時代は移ろいながら、
昭和のV9、平成の2度のリーグ3連覇(07~09年、12~14年)など、
リーグ37度の優勝を誇る常勝軍団が新たな歴史を刻んだ。

指揮を執る原辰徳監督(61)は5000勝(07年5月2日の中日戦)、
5500勝(13年5月25日のオリックス戦)に続き、
球団のメモリアル勝利をマークした。
監督通算では球団歴代3位の1025勝目で、
今季は同2位の1034勝の長嶋茂雄氏、
同1位の1066勝の川上哲治氏超えを視界にとらえる。

◆川上、長嶋、原の勝利数比較 
原監督は現役時代に1697試合出場。
選手で出場した試合のチームは907勝720敗70分けだった。
99~01年の1軍コーチ時代に228勝、
監督で1025勝しており、選手とコーチ、監督を合わせて2160勝に貢献。
監督の勝利数はチーム3位で、
「選手+コーチ+監督」の勝利数も川上の2473勝、
長嶋の2291勝に次いでチーム3位。

▼巨人長嶋終身名誉監督
「6000勝の中には、歓喜の1勝も、苦しみ抜いて勝ち取った1勝もありました。
巨人軍の長い歴史には常にファンの方々の大声援があり、
苦しい時も背中を押していただき、勇気をもらいました。
新型コロナウイルスの影響で無観客での開幕になりましたが、
ファンの方あってのプロ野球であり、6000勝はまだまだ通過点です。
今年はリーグ連覇、そして昨年果たせなかった
日本一奪回という目標に向かってまい進してください」

▼ソフトバンク王会長
「原監督、コーチ、選手、スタッフの皆様、通算6000勝おめでとうございます。
86年という長い巨人軍の歴史の中で、
多くの方たちの努力が1つずつ積み重なった結果だと思います。
巨人は常に勝利を求められる特別な球団です。
新型コロナウイルスによって無観客試合になりましたが、
野球をできることに感謝し、これからもファンに愛され、
ファンの皆さんとともに歩んで行って下さい」

◆巨人の通算勝利データ

1勝   36年7月3日 大東京(戸塚)10-1 畑福俊英 藤本定義

500勝  46年5月12日 阪急(後楽園)1-0 藤本英雄 藤本英雄

1000勝 52年8月8日 広島(旭川)7-0 藤本英雄 水原茂

1500勝 58年8月10日 大洋(川崎)8-2 堀内庄 水原円裕

2000勝 65年7月25日 中日(中日)2-1 宮田征典 川上哲治

2500勝 71年7月29日 広島(広島)8-5 山内新一 川上哲治

3000勝 79年4月9日 中日(後楽園)8-2 堀内恒夫 長嶋茂雄

3500勝 86年8月2日 広島(広島)2-0 加藤初 王貞治

4000勝 93年5月30日 中日(東京ドーム)4-3 桑田真澄 長嶋茂雄

4500勝 00年6月3日 中日(ナゴヤドーム)11-4 上原浩治 長嶋茂雄

5000勝 07年5月2日 中日(ナゴヤドーム)5-3 林昌範 原辰徳

5500勝 13年5月25日 オリックス(東京ドーム)3-2 山口鉄也 原辰徳

6000勝 20年6月19日 阪神(東京ドーム)3-2 菅野智之 原辰徳

※データは、
 左から順に勝利、年月日、相手(球場)、スコア、勝利投手、監督



6000勝というのは途方もない数字です。

他の球団が次に6000勝に到達するとすれば、
どんなに早くとも数年は掛かるはずです。

このことからも分かるように、
巨人は日本プロ野球界のトップランナーであります。

これからも巨人はトップランナーとして、
日本プロ野球界を引っ張っていってくれることでしょう。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック