FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
2020年夏のハロー!プロジェクト・コンサート開催が決定
今夏のハロー!プロジェクト・コンサート開催が決定しました。

事前にお知らせがあった通り、
ハロー!プロジェクトのメンバーがそれぞれソロで、
ハロー!プロジェクトの楽曲ではなく、
J-POPを中心としたバラード曲のカバーを歌うという内容で行われます。


公式サイトに掲載された文章は以下の通りです。

いつもHello! Projectを応援して頂きまして、誠にありがとうございます。

先日お知らせした夏のハロー!プロジェクト・コンサートですが
予定通り開催の方向で進めてまいります。
まず本日17時からファンクラブ先行で発売をスタート、
一般は発売日が決まり次第お知らせいたします。

《公演日程》
「Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜」
7月11日(土)12日(日) 中野サンプラザ(東京) オデッセー
7月18日(土)19日(日) オリックス劇場(大阪) キョードーアジア
7月25日(土) 仙台サンプラザホール(宮城) キョードー東北
【一般】着席指定席 ¥5,500 (消費税込) ※全席指定

前回お知らせした通り、メンバーがそれぞれソロで
J-POPを中心としたバラード曲のカバーを歌うという内容で行います。

《歌唱楽曲発表》
(1)愛唄 (GReeeeN) (2)会いたい (沢田知可子) 
(3)会いたくて 会いたくて (西野カナ)(4)I LOVE YOU (尾崎豊) 
(5)赤い風船 (浅田美代子) (6)明日への手紙 (手嶌葵)
(7)明日への扉 (I WiSH(川嶋あい))
(8)あなたに逢いたくて~Missing You~ (松田聖子)
(9)あなたに会えてよかった (小泉今日子) 
(10)ありがとう (いきものがかり) (11)糸 (中島みゆき)
(12)打上花火 (DAOKO) (13)海の声 (浦島太郎(桐谷健太)) 
(14)駅 (竹内まりや)(15)M (PRINCESS PRINCESS) 
(16)大阪で生まれた女 (BORO) (17)想い出がいっぱい (H2O)
(18)オリビアを聴きながら (杏里) (19)楓 (スピッツ) 
(20)カブトムシ (aiko)(21)キミを忘れないよ (大原櫻子) 
(22)香水 (瑛人) (23)さよなら (オフコース)
(24)さよなら 大好きな人 (花*花) (25)366日 (HY) 
(26)Jupiter (平原綾香)(27)スローモーション (中森明菜) 
(28)セーラー服と機関銃 (薬師丸ひろ子)
(29)Time goes by (Every Little Thing) 
(30)手紙 ~拝啓 十五の君へ~ (アンジェラ・アキ)
(31)TOMORROW (岡本真夜) (32)なごり雪 (イルカ) 
(33)ハナミズキ (一青窈)(34)春なのに (柏原芳恵) 
(35)Hello, Again ~昔からある場所~ (MY LITTLE LOVER)
(36)ひこうき雲 (荒井由実) (37)ひまわりの約束 (秦基博) 
(38)First Love (宇多田ヒカル)(39)PRIDE (今井美樹) 
(40)プラネタリウム (大塚愛) (41)僕は君に恋をする (平井堅)
(42)見上げてごらん夜の星を (坂本九) (43)三日月 (絢香) 
(44)未来へ (Kiroro)(45)もしもピアノが弾けたなら (西田敏行) 
(46)もののけ姫 (米良美一)
(47)やさしいキスをして (DREAMS COME TRUE) 
(48)雪の華 (中島美嘉)(49)夢をあきらめないで (岡村孝子) 
(50)Lemon (米津玄師) (51)ワインレッドの心 (安全地帯)
(52)私はピアノ (サザンオールスターズ)
※楽曲は一部変更となる場合があります。

誰がどの曲を歌うのか、は本番までのお楽しみ、とさせていただきます。
当日まで予想しながらお待ちいただければと思います。

※指針・ガイドラインの変更、もしくは緩和等の場合、
それに沿った対応をさせて頂きます。
開催内容の変更や公演中止の可能性もあることをご了承ください。
※各会場への直接の問い合わせはご遠慮ください。
※その他の開催予定地と日程に関しては状況をみながらになりますが、
6月下旬の発表を予定しています。


以上の状況をご理解いただき、チケット購入につきましては、
お客様ご自身の健康状態も含め、
慎重にご検討いただきますよう、お願いいたします。



正式に開催が決まり、ひとまずホッとしましたね。

ハロプロのメンバーがJ-POPを中心としたバラード曲を歌うという、
かなり珍しい光景が当日は広がりそうです。

難しいのかもしれませんが、是非とも映像化して欲しいですね。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック