FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
牝馬が強い時代―クロノジェネシスが「宝塚記念」を制覇
6月28日、G1「宝塚記念」が行われ、
北村友一騎手騎乗のクロノジェネシスが勝利しました。

クロノジェネシスにとっては
「秋華賞」以来のG1での勝利(2勝目)となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

6月28日の阪神11Rで行われた第61回宝塚記念
(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、
18頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、
北村友一騎手騎乗の
2番人気クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。
昨年の皐月賞馬サートゥルナーリアや、
ファン投票2位でGI連勝を狙ったラッキーライラックらを撃破。
上半期を締めくくる大一番を制しGI2勝目を挙げた。
タイムは2分13秒5(稍重)。

2着はキセキ(6番人気)、
3着にはモズベッロ(12番人気)が入った。
なお、1番人気のサートゥルナーリアは4着に敗れた。

昨年の秋華賞馬クロノジェネシスは、
デビューから一貫して手綱を取る北村友一騎手とのコンビで、
前走の大阪杯でクビ差敗れたラッキーライラックに雪辱し、
牡馬たちを退けた。
これで牡牝混合戦は5戦4勝、2着1回と連対率100%を記録。

また、今年の牡牝混合GIレースでは、牝馬の活躍が目立っており、
高松宮記念、大阪杯、安田記念の3レースで
牝馬がワンツーフィニッシュ。
グレード制が導入された1984年以降、
牡牝混合のGIで牝馬が年間4勝を挙げるのは、
2008年(5勝)以来12年ぶり2回目となった。

宝塚記念を勝ったクロノジェネシスは、
父バゴ、母クロノロジスト、母の父クロフネという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、
馬主は(有)サンデーレーシング。
通算成績は11戦6勝。
重賞は昨年のクイーンC(GIII)、秋華賞(GI)、
今年の京都記念(GII)に次いで4勝目。
宝塚記念は、斉藤崇史調教師、北村友一騎手ともに初勝利。



クロノジェネシスが稍重の馬場を圧倒的な強さで制しましたね。

上記で引用の記事にもある通り、
今年のG1戦線は牝馬が圧倒的な強さを示していますね。

昨年もアーモンドアイとリスグラシューといった牝馬が活躍し、
今年も現状でこういった結果が出てきていますので、
まさに牝馬が強い時代が到来したと言えます。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック