FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
縮小は出来ない?―東京五輪、開会式縮小は困難
7月6日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が取材に対し、
東京五輪の開会式の縮小、時間短縮は難しいとの見解を示しました。


このことに関する記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は6日、
都内で取材に応じ、
新型コロナウイルスの影響で
来夏に延期された大会で目指す簡素化について、
開会式の縮小、時間短縮は
放映権契約の観点から難しいとの認識を示した。

森会長によると、
国際オリンピック委員会(IOC)が
テレビ局と中継の時間帯を決めて契約しているためだという。
「(IOCが縮小は)絶対に駄目だと言っている。
時間が減ると違約金を取られるので、
お金がかかってしまう」と語った。

組織委とIOCは簡素化について200以上の項目を挙げ、
IOCは競技会場の収容人数や使用期間短縮など
16項目の具体策を各国際競技団体(IF)に提案した。
森会長は「一言で簡素化と言っても、簡単なものではない」と述べた。



オリンピックはビジネスです。

かつて「アマチュアスポーツの祭典」と言われたのも今は昔、
今やプロ選手も多く参加し、
金メダルを獲得すれば大会後に多くのスポンサーが選手に付くのです。

そんな状況はこのコロナ禍の世の中でも変わらないということが、
今回の記事を通して分かりましたね。

果たして良い事なのか悪い事なのか・・・






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック