FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『超速読力』 齋藤孝



今回は齋藤孝著『超速読力』について書いていきたいと思います。


内容
「超速読力」とは、
本や書類を見た瞬間に内容を理解し、
コメントを言えるという新しい力。

現代が、スピードが求められる時代ということもあるが、
実は本や文章の本質をつかむには一番求められる力なのだ。

実用書や資料、ネットの情報を読むときに有益だが、
必ずおさえておきたい古典や名著などを読むためにも使える。

この本では、
「超速読力」を長年鍛えてきた著者が、
その意義とトレーニング法をわかりやすく公開する。


感想
「超速読力」とは言っても、
目を素早く動かすとかテクニック論ではなく、
どういう風に本を読めばいいのかという読み方を教えてくれる1冊です。

稀代の読書家である齋藤孝さんが教えてくれることですから、
信頼感と安心感は抜群です。

「私たちは「読む」というと、
最初から一行ずつ一ページずつ、
丹念に読んでいく行為を連想します。
しかし現代社会では、
処理しなければいけない情報量が多いので、
そんな悠長なことをしていては間に合いません。
そこで「超速読力」の場合は、
最初から順番に読んでいく、
という呪縛を捨てることから始めてください。」
(本文中からの引用)

この本を読むことで、
本の読み方が変わるというか、
本の読み方の選択肢(手数)が増えると言えるでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック