FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
こんな世の中で―松元が200m自由形で自身の日本新記録更新
10月17日、「競泳日本短水路選手権」が行われ、
男子200メートル自由形決勝で松元克央選手が優勝しました。

タイムは1分42秒10で、これは日本新記録となるタイムでした。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇競泳日本短水路選手権第1日
(2020年10月17日 東京辰巳国際水泳場)

25メートルプールで争われ、
男子200メートル自由形決勝で松元克央(23=セントラルスポーツ)が
1分42秒10の日本新記録で優勝した。

自身が昨年の大会で記録したタイムを0秒31更新。
カツオの愛称を持つスイマーは
「日本記録を狙って決勝に臨みました。
前半からしっかりいくことを意識した。
練習していた分、後半はもつと思っていた。
後半は練習の成果が出ました」と振り返った。

昨夏の世界選手権(韓国・光州)で銀メダルを獲得。
来夏の東京五輪での金メダルの期待も懸かるが
「まずは水泳を楽しむことを第1に考えて泳ぎたい」と強調した。



コロナ禍となりこれまでとは違う環境の中で、
これまでの記録を塗り替えていくというのは本当に凄い事です。

延期となった東京五輪の開催まであと1年をきっている状況ですが、
五輪の舞台で松元選手が栄光を掴み取る瞬間を見たいですし、
見せてくれると信じています。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック