FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
思わぬトラブル―嵐のライブの花火でプロ野球2度中断
10月24日、嵐のライブの事前収録の影響で、
神宮球場で行われたヤクルト対中日の試合が
2度中断されるトラブルがありました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

ジャニーズ事務所は24日、
東京・国立競技場で行われた
嵐のライブ「嵐フェス2020」事前収録の影響で、
神宮球場のプロ野球試合が2度中断したことをうけ、
公式サイトで謝罪した。

「本日、国立競技場にて行っておりました、
嵐フェス2020の収録にあたり、
風船及び花火による演出の煙により、
隣接する神宮球場にて試合中の
『ヤクルト対中日』戦を2度ほど意図せず中断させてしまう事となりました。
神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、
ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」とした。

ヤクルト-中日戦は小川泰弘投手が登板していた
6回表2死一塁の場面で1分間の中断などがあった。

同ライブは今年7年ぶりに開催。
当初5月開催予定だったがコロナ禍で延期となり、
事前収録の上、11月3日に配信されることが発表されていた。



これは予期せぬトラブルだったと言えるでしょう。

観客を入れてのライブであれば、
こういったことも想定に入れての演出を行ったのでしょうが、
無観客ではなかなかこういったことを想定できなかったでしょう。

もちろんこれではダメです。

偉大なるアイドルグループである嵐の最後の年だからこそ、
関係者も「立つ鳥跡を濁さず」でやってほしいところであります。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック