FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最初で最後のドリームマッチ―アーモンドアイのラストランは「ジャパンカップ」
アーモンドアイが「ジャパンカップ」をもって現役を引退すると発表しました。

その今年の「ジャパンカップ」は11月29日に東京競馬場にて行われます。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

アーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が
ジャパンカップ(11月29日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)を
現役最後のレースに選択した。

11月1日の天皇賞・秋で
日本競馬史上初の芝GI・8勝を達成したアーモンドアイは
一昨年の3冠牝馬。
同レースには今年、史上3頭目の無敗牡馬3冠コントレイル、
史上初の無敗牝馬3冠を達成したデアリングタクトも出走を表明しており、
3冠馬3頭が対戦する史上初の一戦になる。

アーモンドアイは現在、福島県のノーザンファーム天栄に在厩している。

<シルクホースクラブのHPより>

国枝栄調教師「12日に福島県・ノーザンファーム天栄にて、
オーナーと共に馬体を確認させていただきました。
状態は良さそうですし、
牧場へ戻った後も順調に進められているとのことですから、
当初の予定通り
11月29日の東京・ジャパンカップへ向かいたいと思います。
今の雰囲気を維持してもらい、来週半ばにトレセンへ戻す予定です。
なお、鞍上は引き続きクリストフ(C.ルメール騎手)にお願いしています。
また、現在の情勢を考慮すると、
引退期限となります来年の3月までに適鞍が無いこと、
そしてこれだけの馬を無事に繁殖へ上げることも
調教師としての使命ですから、オーナー・牧場サイドと検討した結果、
このジャパンカップをもちまして
アーモンドアイの競走生活を終えることと致しました。
彼女のラストランを勝利で締めくくることが出来るよう
全力投球させていただきますので、ご声援のほど宜しくお願い致します」



今年の「ジャパンカップ」は、
3冠馬が3頭そろい踏みをするという、まさしくドリームマッチとなります。

アーモンドアイが引退するということは、
このドリームマッチを見ることが出来るのは、
今回が最初で最後ということになります。

本当に貴重な機会となることは間違いありません。

どのようなレースになるのか、今から楽しみでなりません。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック