FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
レジェンドになり損ねた馬?―ラッキーライラックが「エリザベス女王杯」を連覇
11月15日、G1「エリザベス女王杯」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手騎乗のラッキーライラックが勝利しました。

ラッキーライラックは昨年もこのレースを制しており、
史上4頭目となる「エリザベス女王杯」連覇を果たしました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

◆第45回エリザベス女王杯・G1
(11月15日、阪神競馬場・芝2200メートル、良)

京都競馬場の改修工事に伴い、
阪神競馬場の芝2200メートルで行われた牝馬限定のG1は、
1番人気のラッキーライラック(クリストフ・ルメール騎手)が
直線で抜け出し、今年の大阪杯に続くG1・4勝目。
昨年に続く勝利で、
メジロドーベル(1998、99年)、
アドマイヤグルーヴ(2003、04年)、
スノーフェアリー(2010、11年)に並ぶ史上4頭目の連覇となった。
勝ち時計は2分10秒3。

2着は外から追い込んだ5番人気のサラキア(北村友一騎手)、
3着には3番人気のラヴズオンリーユー(ミルコ・デムーロ騎手)が入った。
2番人気のノームコア(横山典弘騎手)は逃げの手に出たが、
4コーナーでつかまり、16着に終わった。

クリストフ・ルメール騎手(ラッキーライラック=1着)
「本当に強い馬。
勝つ自信があった。
18番枠からきつい競馬になると思っていたけど、いいレースができた。
3、4コーナーで外から他の馬がポジションを上げてきたから、
僕も上げていった。
彼女は強いから早めに先頭に立ってゴールまで頑張ってくれた。
ストライドが大きくてパワフルな走りでよく伸びてくれる。
2歳からトップレベルで、アーモンドアイがいなかったら
レジェンド、スーパーホースになれたかもしれない馬。
(天皇賞・秋に続いてG1を連勝)僕の仕事です(笑い)。
1番人気に乗ってミスをしなかったら勝つことができる。
すごいうれしい」



ルメール騎手が語っているように、
ラッキーライラックはアーモンドアイがいなければ
レジェンド、スーパーホースになっていたであろう馬です。

世代最強であり、歴代最強とも言えるアーモンドアイの陰に隠れ、
ラッキーライラックはどうしても地味なイメージが付きまといます。

しかしながらこの強さは本物です。

レジェンドにはなれなかったかも知れませんが、
アーモンドアイがいなくなる今だからこそ、
同世代の牝馬であるラッキーライラックが目立ってほしい所であります。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック