FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
底なしの強さ―グランアレグリアが史上8頭目の同一年春秋マイルG1制覇
11月22日、G1「マイルチャンピオンシップ」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手騎乗のグランアレグリアが勝利しました。

グランアレグリアは今年の「安田記念」も制覇しており、
同一年に春秋のマイルG1を制覇したことになります。

これは史上8頭目となる大記録です。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

◆第37回マイルCS・G1(11月22日、阪神・芝1600メートル、良)

G1馬8頭を含む17頭立てで争われ、
断然1番人気のグランアレグリア
(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)が
クリストフ・ルメール騎手を背に、
最後の直線で抜群の瞬発力を披露して外から差し切り、
安田記念、スプリンターズSに続くG1・3連勝で、G1・4勝目を挙げた。
同一年の春秋マイルG1制覇は史上8頭目。
牝馬のVは08年ブルーメンブラット以来、12年ぶり6頭目となった。
勝ち時計は1分32秒0。

3番人気で、
昨年の最優秀短距離馬インディチャンプ(福永祐一騎手)が
3/4馬身差の2着、
5番人気のアドマイヤマーズ(川田将雅騎手)が
さらに首差の3着に続いた。

クリストフ・ルメール騎手(グランアレグリア=1着)
「すぐいいポジションを取れて、
すぐ落ち着いてすごくリラックスして走ることができました。
(ライバルが)1番人気の馬をマークするから、
いいタイミングで外に行けなかった。
我慢しなければなりませんでした。
でも、よかった。いい瞬発力があるので、すごくいい脚を使いました。
インディチャンプをかわすことができた。
彼女はめちゃくちゃ強い。
来年はもっと楽しみです」



強い勝ち方でした。

グランアレグリアは
春にアーモンドアイに勝利してその強さが証明されましたが、
まだまだ底なしの強さを秘めているような気がしてなりません。

それにしてもG1でのルメール騎手の騎乗が冴えわたっていますね。

先週「エリザベス女王杯」も勝利しましたが、
その前に行われたG1「天皇賞秋」も制しており、
これでG1レース3連勝となりました。

本当に恐ろしいほどにG1レースで力を発揮する騎手であります。

「ジャパンカップ」はアーモンドアイとコンビを組みますが、
これは4連勝達成は目の前だと言えるのかもしれません。

どのような結果になるのか、今から楽しみです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック