FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ディエゴ・マラドーナ(1960年~2020年)の名言
「とにかくボールを預けてくれるだけでいい、
あとは俺がなんとかするから。」



これはディエゴ・マラドーナの名言です。

ディエゴ・マラドーナといえば、伝説的なサッカー選手であります。

ディエゴ・マラドーナはアルゼンチンのスラム街の出身です。

まさに逆境からスタートしたマラドーナの人生は、
サッカーとの出会いによって全く違ったものになります。

彼は幼少時から天才サッカー少年として脚光を浴び、
13歳の時にはサッカーに専念するために学校を辞め、
15歳の時には所属クラブからアパートがプレゼントされました。

まさに驚愕のサッカー人生であります。

そんな彼のサッカー人生のハイライトと呼べるのが、
1986年にメキシコで開催されたFIFAワールドカップです。

ここで彼は、
物議を醸した「神の手」ゴールと、
サッカー界の歴史に残る「5人抜き」ドリブルをしてみせました。

このどちらもがイングランド戦で行われたものですが、
この試合を機に彼は
サッカー史に名を残す選手となったのです。

この栄光の一方で、
彼は私生活の醜聞(スキャンダル)が絶えない選手でもありました。

この醜聞により幾度となく彼は身を滅ぼしそうになったわけですが、
この窮地を救ったのはやはりサッカーでした。

彼は自分のサッカーの実力に圧倒的な自信を持っていました。

その自信がこの名言には表れています。

こんな不遜とも思える言葉を言っても許され、
納得させられてしまうのが、ディエゴ・マラドーナという選手であり、
まさしく不世出の選手であったと言えるのです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック