FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
まさしく有終の美を飾る―アーモンドアイが「ジャパンカップ」を制する
11月29日、G1「ジャパンカップ」が行われ、
C・ルメール騎手騎乗のアーモンドアイが勝利し、
歴代最多を更新する芝のG1での9勝目を挙げました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

国際招待競走「第40回ジャパンカップ」(G1、芝2400メートル)は
29日、東京競馬場で行われ、
ルメール騎乗のアーモンドアイ(牝5=国枝)が優勝、
引退レースを飾った。
G1馬8頭が出走する激戦の中、
史上初の牡牝3冠馬3頭の対決を制した。
勝ちタイムは2分23秒0。

勝ったアーモンドアイは
父ロードカナロア、母フサイチパンドラの血統。
通算成績は15戦11勝。
初の隔年制覇で歴代最多を更新する芝G1・9勝目を挙げた。
JRA・G1は8勝目となり、
シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、
ウオッカ、キタサンブラックを抜き最多となった。

レース前までJRAで12億1632万9000円、
海外で3億9570万900円を獲得し、
総獲得賞金は歴代4位の16億1202万9900円だった。
1着賞金3億円を加え19億円をオーバー。
歴代1位のキタサンブラック(18億7684万3000円)を上回り、
総獲得賞金ランキングで歴代1位となった。

【アーモンドアイのG1勝利】

2018年=4勝 桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンC

2019年=2勝 ドバイターフ、天皇賞・秋

2020年=3勝 ヴィクトリアM、天皇賞・秋、ジャパンC

鞍上のルメールは2009年にウオッカ、
18年にアーモンドアイで制しておりジャパンC3勝目。
今年のJRA・G1・8勝目で
自身の持つ18年の年間最多G1勝利に並んだ。
これまではフェブラリーS(モズアスコット)、
天皇賞・春(フィエールマン)、ヴィクトリアM(アーモンドアイ)、
スプリンターズS(グランアレグリア)、
天皇賞・秋(アーモンドアイ)、
エリザベス女王杯(ラッキーライラック)、
マイルCS(グランアレグリア)を制していた。
JRA・G1は通算35勝目。

管理する国枝師は、
18年にアーモンドアイで制して以来ジャパンC2勝目。
JRA・G1通算19勝目となった。



これぞ有終の美を飾ったと言えるレースでした。

引退レースということもあり1番人気に推されていましたが、
今回戦う相手は無敗の3冠馬2頭ということで、
さすがに厳しいのではと思っていました。

しかしながら終わってみれば完勝です。

いやはや恐れ入りました。

今後は繁殖牝馬としての活躍が期待されます。

良い母馬として名馬を誕生させてほしいと思います。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック