FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか』 更科功



今回は更科功著
『残酷な進化論 なぜ私たちは「不完全」なのか』
について書いていきたいと思います。


内容
ヒトは心臓病・腰痛・難産になるように進化した!

複雑な道具を使いこなし、文明を築いて大繁栄した私たちヒトは、
じつは「ありふれた」生物だった──。

人体は「進化の失敗作」?

ヒトも大腸菌も生きる目的は一緒?

私たちをいまも苦しめる、肥大化した脳がもたらした副作用とは?

ベストセラー『絶滅の人類史』の著者が「人体」をテーマに、
誤解されがちな進化論の本質を明快に描き出した、
知的エンターテインメント!


感想
人間は地球上の生物の頂点に立っている、
このように考えている人たちがほとんどだと思います。

しかしそのような考えはこの本を読むと変わるはずです。

「地球にはさまざまな生物がいる。
その中で、現在ヒトという類人猿の1種が大繁栄をしている。
でもそれは、
たまたま現在の地球で繁栄しているということであって、
別の場所や時代に行ったら、どうなるかはわからない。
いや、100年後ですら、どうなっているかわからないだろう。」
(本文中からの引用)

人間よりも鳥たちが優れた部分はあるし、
人間よりも魚たちの方が優れている部分はあるのです。

その事実は私たち人間にとっては「残酷」なものです。

しかしながらこの事実を知ることで、
私たち人間は謙虚になれるのではないでしょうか。

人間という生物が
地球上で大きな顔をして過ごせる根拠はどこにもないのです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック