FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
フローレンス・ナイチンゲール(1820年~1910年)の名言
「天使とは、
美しい花をまき散らす者ではなく、
苦悩する者のために戦う者である。」



これはフローレンス・ナイチンゲールの名言です。

フローレンス・ナイチンゲールといえば
「近代看護教育の母」として知られています。

今日の看護教育に繋がる基礎を築き、
彼女の誕生日である5月12日は国際看護師の日となっています。

彼女は裕福な家庭に生まれ、様々な教育を受けます。

つまりは何ひとつ不自由のない生活をしていたのですね。

そのような生活の中で彼女は、
慈善訪問の際に接した貧しい農民の悲惨な生活を目の当たりにして、
人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになります。

その後、彼女は看護師(当時は看護婦と呼ばれた)を志します。

しかしその当時の看護師は病人を世話する召使という扱いであり、
現在の看護師像とは大きくかけ離れたものでした。

その状況を変えたのがナイチンゲールだったわけですが、
そのキッカケとなったのがクリミア戦争での彼女の活躍でした。

彼女は献身的に兵士たちを看護し、
さらには病院の衛生状況を改善することで、
多くの兵士たちの命を救いました。

その働きぶりから「クリミアの天使」と呼ばれたのです。

このことが有名となり彼女の発言力が増したことで、
様々な医療改革に関わることとなりました。

彼女は人々の命を救うため、看護師として生涯戦い続けたわけです。

まさに彼女こそが「苦悩する者のために戦う者」だったのです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック