FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
歴代最高の重圧はあるか―巨人の菅野が8億円で契約更改
巨人の菅野智之選手が契約更改交渉を行い、
1億5000万円増の8億円でサインしました。

これは歴代最高となる年俸の金額です。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

球界最高年俸を更新した。
巨人菅野智之投手(31)が14日、
都内の待機先で書面のやりとりなどを通じ契約更改交渉を行い、
1億5000万円増の8億円でサインした。

「そこは超えました」と
03年、04年のペタジーニ(巨人)の年俸7億2000万円を大幅に超え、
歴代トップとなった。
「それだけプレッシャーもありますし、
金額に見合った活躍をしないといけない。
身の引き締まる思いです」と語った。

今オフはポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した。
交渉期限の8日に巨人残留を決断。
「交渉を重ねていった結果、
挑戦するタイミングは今ではないと自分自身判断しました。
しかし、この期間で経験したことは今後の人生において、
かけがえのない財産になったと確信しています」と話していた。
9日に帰国し、現在は自主隔離制限内で自主トレを行っている。

2月1日からの春季キャンプについては、原監督が
「今の予定はS(班)。
沖縄からスタート。
力むことなく、いい状態でシーズンに入ってくれれば、
それなりの成績は出ると思う。
やや短いオフという中で、
いろいろな経験をしたということを逆にプラスに変えてもらいたいなと。
早く万全の状態で開幕を迎えることを願っています」と話し、
調整が一任されるS班に合流する予定だ。

昨季は史上初の開幕投手からの
13連勝&平成生まれでは初となる通算100勝を達成するなど、
14勝2敗、防御率1・97をマーク。
最多勝、自身初の最高勝率のタイトルを獲得し、
最優秀選手賞に輝いた。
今季に向け
「しっかりまずは日本一を。
終わったらもう1回メジャー移籍のチャンスがあれば挑戦していきたい」と
力を込めた。(金額は推定)

◆菅野の年俸推移

13年 1500万円
14年 7000万円(5500万円増)
15年 1億10000万円(4000万円増)
16年 1億3000万円(2000万円増)
17年 2億3000万円(1億円増)
18年 4億5000万円(2億2000万円増)
19年 6億5000万円(2億円増)



8億円とはもの凄い金額ですね。

メジャーリーガーを引き合いに出してしまえば
それほどの金額なのかもしれませんが、
日本球界のこれまでの常識を考えれば
もの凄い金額であることに違いはありません。

その分だけ菅野選手に歴代最高の重圧が掛かることは間違いないでしょう。

その重圧をはねのけ、
ソフトバンク一強時代とも言える日本球界に風穴を開けて欲しいと思います。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック