FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
まさに「黒船」だった名馬―G1・2勝のクロフネが老衰で死亡
1月17日、G1で2勝を挙げたクロフネが老衰のため死亡しました。

23歳でした。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

01年ジャパンCダートなどG1・2勝を挙げたクロフネ(牡23歳)が
17日、けい養先である北海道安平町の社台スタリオンステーションで、
老衰のため死んだことが明らかになった。
18日にJRAが発表した。

同馬は00年10月に京都競馬場でデビュー。
翌年にはNHKマイルCを猛烈な追い込みで制してG1初V。
続くダービーでは2番人気に推されるも、5着に終わった。
秋にダートへ戦いの場を移すと、
ファンの度肝を抜くパフォーマンスを連発。
武蔵野Sでは1分33秒3の驚異的なレコードで9馬身差の圧勝。
さらに、ジャパンCダートでも7馬身差の独走劇を演じて、
JRA最優秀ダートホースに輝いた。
しかし、屈腱炎を発症したことで、そのレースを最後に引退。
02年から種牡馬入りすると、
20年の最優秀2歳牝馬に選ばれた白毛馬ソダシなど
多数の活躍馬を輩出した。

現役時代に管理した松田師は
「武蔵野Sの勝ち時計が(翌年の)安田記念と同じタイムだったり、
いつまでも記憶に残ってくれる馬。
種牡馬としても日本の競馬に貢献してくれましたし、
このクロフネの血が後々まで残ってくれたらいいですね。
今はとにかくありがとうの気持ち。
安らかに眠ってほしいです」とコメントした。

社台スタリオンステーション事務局の徳武英介氏は
「夏の間はとても元気に過ごしていたのですが、
ここ2カ月ほど体調が優れず、17日の午後2時に息を引き取りました。
スタッフからもよくかわいがられており、
大きなショックを受けておりますが、
クロフネには感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。



クロフネが競走馬としてデビューした世代から
日本競馬は大きな変化を迎えました。

それは「日本ダービー」に外国産馬が出走出来るようになったのです。

まさにこれは日本競馬界にとって「開国」であり、
そんな年の有力馬にクロフネの名が連なっていたのは
まさに運命的なことだったと言えます。

結果的に「日本ダービー」では5着でしたが、
「NHKマイルC」と「ジャパンCダート」という
芝とダートのG1で勝利を挙げたことは歴史残る偉業であり、
まさしく日本競馬界にとってその存在は「黒船」であったと言えるでしょう。

競走馬としても種牡馬としても頑張ったクロフネですので、
どうか安らかに眠ってほしいと思います。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック