FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
尽きることのない情熱―武藤敬司がNOAHに電撃入団
2月15日、プロレスラーの武藤敬司氏が
プロレスリング・ノアに入団することを発表しました。


このことに関する記事が『BBM Sports』に掲載されていたので以下で紹介します。

2月15日、午後3時より
都内・AbemaTowers 10Fセミナールームにて
株式会社CyberFightが会見をおこない、
本日付けでの武藤敬司のプロレスリング・ノア入団、
および秋山準のDDTプロレスリング入団を発表した。
武藤は2年契約、秋山は1年契約。

武藤は1984年に新日本プロレスでデビュー。
2002年より移籍した全日本プロレスでは社長を務め、
2013年には新団体のWRESTLE-1を立ち上げ。
同団体が活動休止となった昨年よりフリーとしてNOAHに参戦し、
2月12日におこなわれた日本武道館大会では
潮崎豪を破りGHCヘビー級王座初戴冠を果たした。
現在58歳。

会見の席上で武藤は
「もしかしたらこのリングで朽ちていくのかわからないですけど、
契約したからには、この団体に
オレの骨の髄までしゃぶってもらいたいと思っております」と、
かつて自身が
全日本プロレス入団時に残した名ゼリフを交えて決意表明。

秋山は1992年に全日本プロレスでデビューし、
2001年に新たに旗揚げしたNOAHへと移籍。
13年より全日本に里帰りし、昨年7月からDDTへとレンタル移籍。
昨年末で全日本との契約が満了となり、
今年からフリーとしてDDTに参戦していた。
現在51歳。

高木三四郎CyberFight社長は
「プロレス界の宝とも言えるこの2人が
サイバーファイトグループに加わることで、これから
プロレス界のナンバーワンを目指していく原動力になると思います」
と期待を寄せた。



58歳にして新たな挑戦をするというのは本当に凄いことです。

まさに尽きることのない情熱を持った人ですね。

プロレスというハードな世界に身を置き、
一歩間違えば生死に関わるようなような場面にも遭遇するわけです。

何よりも無事に現役を全うしてくれることをファンは願っていますが、
少しでも長く現役を続けてほしいというのもまた
プロレスファンの正直な思いでしょう。

ファンの思いに応え続けた武藤氏ですから、
こういったファンの思いにもきっと応えてくれることでしょう。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック