FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
混戦を抜け出して―カフェファラオが「フェブラリーS」を制覇
2月21日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
クリストフ・ルメール騎手が騎乗したカフェファラオが勝利しました。

カフェファラオにとってはこれがJRA・G1初制覇となりました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

<フェブラリーS>
◇21日=東京◇G1◇ダート1600メートル◇4歳上◇出走16頭

新王者の誕生だ-。
1番人気カフェファラオ(牡4、堀)が好位追走から直線で抜け出し、
JRA・G1初制覇を果たした。
勝ちタイムは1分34秒4。
クリストフ・ルメール騎手は昨年モズアスコットに続くレース連覇となった。

出走馬で唯一の4歳馬が年長馬を一蹴した。
好スタートを決めると、
逃げるエアアルマス、ワイドファラオを見ながら
絶好の手応えで好位のインを追走。
クロス鼻革とチークピーシズを着用し、
最後まで集中した走りを見せ、
外から迫る9番人気エアスピネルに4分の3馬身差をつけてゴールした。

ルメール騎手は「強かったですね」と問われると、
「はい。今日は本当のカフェファラオでした。
パドックから自信を持っていました。
チークピーシズを着けて、馬の状態がすごく良かったです。
勝つ自信がありました。
アグレッシブな競走がしたかったし、
いいスタートでいいポジションを取ることができて、流れに乗れました。
忙しかったけど、ずっと反応してくれました。
ポテンシャルがとても高い馬です。
トップコンディションなら絶対にG1を勝てると思っていた」。

2着にはエアスピネル、3着にはワンダーリーデルが入った。
根岸S覇者レッドルゼルは4着。
2番人気アルクトスは9着に沈んだ。

馬連(3)(10)6620円、
馬単(3)(10)9300円、
3連複(3)(7)(10)2万4940円、
3連単(3)(10)(7)10万1710円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者発表のものと照合してください)



今年の「フェブラリーステークス」は混戦模様でした。

昨年のチャンピオンズC覇者チュウワウィザードや、
GI4勝のクリソベリルらが不在で、
どの馬が来てもおかしくはないという状況でした。

そんな中を抜け出したのは期待の新星・カフェファラオでした。

デビューして以来、一貫してダート路線を突き進むカフェファラオですが、
父と母ともにアメリカ産馬ですので、
日本のダート路線だけでなく、
アメリカへの遠征なんてことも考えられるかもしれません。

今後が楽しみな1頭であります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック