FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『差がつく読書』 樋口裕一



今回は樋口裕一著『差がつく読書』について書いていきたいと思います。


内容
年間数百冊を読破すると語る著者の初めての読書論。

精読、多読、とばし読みといった、
さまざまな「読書の仕方」と、
効率のよい知識の活用法を伝授!

目からウロコの読書術!

「文章のプロ」が初めて教える無駄のない効率的な本の読み方。


感想
この本の中で著者である樋口裕一さんは、
読書を「実読」と「楽読」という2タイプに分けます。

簡単に言うと、
「実読」は仕事や勉強に生かす読書、
「楽読」はエンターテイメントとして楽しむ読書、
ということになります。

「実読の場合、
その内容は「知識」というよりも「情報」だと私は考えている。
情報と知識の大きな違い、
それは、情報が交換されるのを前提としているのに対して、
知識はそうではないということだ。
知識は自分だけの内部で熟成するのでかまわない。
だが、情報はそうではない。
お金と同じようなもので、それを死蔵させたのでは、意味がない。
それを使ってこそ、社会の中で意味を持つ。」
(本文中からの引用)

この本を読む人の多くが知りたいと思うのは「実読」なのでしょうが、
この本を読むと「楽読」も大切だということを教えられます。

もちろん「実読」の流儀や大切さもバッチリ書かれています。

この本は、
「読書の仕方」と「読書に対する向き合い方」など、
読書(「実読」と「楽読」)に関する様々な事を教えてくれる1冊です。

読書家の人にこそ読んで欲しい本です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック