FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『人生を変えるアウトプット術 インプットを結果に直結させる72の方法』 千田琢哉



今回は千田琢哉著
『人生を変えるアウトプット術
インプットを結果に直結させる72の方法』
について書いていきたいと思います。


内容
生きるということは、アウトプットするということだ。

〇評価はアウトプットでしかされない
〇アイデアより、アレンジ力
〇検索時代は、本当の知識で差がつく

結果を出す人は、
どのようなアウトプットをしているのか。

有効なアウトプットを出すためには、
どのようなインプットをしているのか。

なんでも検索すれば出てくるネット時代に、
本当に必要な知識的なインプットはどういうものなのか?

AI時代こそのアウトプット&インプットについて、
千田琢哉さんが説く。


感想
著者である千田琢哉さんは日本トップクラスの
インプットとアウトプットの能力を持つ人だと言えます。

千田さんは、
大学生時代に1万冊の本を読み、
作家になってからは驚異的なペースで著作を生み出しています。

「大手広告代理店出身のベテランコピーライターとも、
マンツーマンで長期的に仕事をしたことがある。
それらの経験を通して彼らアイデアのプロ集団から私が教わり、
私自身もこれまでに
大いに活用させてもらったアウトプットのコツがある。
それはとりあえず「当たり前」を全部出し切ることだ。
どんな一流のプロでもまず「当たり前」をすべて出し切ってから、
ようやく卓越したアイデアが降りてくるのだ。」
(本文中からの引用)

自身の経験を基にした千田さんの言葉には、
我々が学ぶべきことがたくさんあります。

千田さんの社会人時代の話を聞いていると
その行動力とやり切る力に圧倒されますが、
一見やり過ぎと思えるほどやり切ってこそ、
良いインプットも良いアウトプットも出来るのです。

実に気付きの多い1冊です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック