FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』 出口治明



今回は出口治明著
『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』
について書いていきたいと思います。


内容
本を選び、読み、活かすにはどうすればいいか

・1行たりとも読み飛ばさない
・何百年も残った古典は「正しい」
・何かを学ぶなら「厚い本→薄い本」の順

還暦ベンチャー(ライフネット生命)、
古希学長(立命館アジア太平洋大学)にして、
稀代の読書家が、
・本を読むことの楽しさ
・本の選び方、読み方、付き合い方
・本を活かせる人の習慣
・「自分の頭で考える力」をつけるためのコツ
などを、深く、やさしく解説します。


感想
著者である出口治明さんは凄い経歴の持ち主です。

大学卒業後に入社した日本生命を58歳で退職した後、
60歳でライフネット生命保険を立ち上げ、
その事業を成功に導いた後に取締役を退き、
立命館アジア太平洋大学の学長に就任したのです。

まさにバイタリティに溢れた人物です。

そんな出口さんの
バイタリティの源泉になっているのが「読書」であります。

「僕の場合、新しい分野の勉強を始めるときは、
①関連書籍を「7~8冊」手に入れる
②「厚くて、難解そうな本」から読み始めて、輪郭をつかむ
③最後に「薄い入門書」を読んで、体系化する
④本で学んだあとは、実際に体験してみる
というマイルールを決めています。
そして、一旦マイルールを決めたら、あとは迷いません。
ルールのとおり行動するだけです。
ルールに合わないことをするのも、ルールを変えるのも面倒なので、
何か新しいことを勉強しようと思ったら、
「本を7~8冊読む」と総量を決めて、
次は、「厚い本から読む」という順番を決める。
あとは淡々とそのとおりにやっていけばいいだけです。」
(本文中からの引用)

出口さんの読書に対する思いは熱く、
考え方が堅すぎるかな?なんて思う部分もあるのですが、
そういったある意味で頑固な思いがあったからこそ、
本から学び、それを実践して、
出口さんは今の位置までたどり着いたのです。

これだけの人物が勧める「本の使い方」です。

試してみない手はないでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック