FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『騙し絵の牙』 出演:大泉洋、松岡茉優ほか 監督:吉田大八



今回は『騙し絵の牙』について書いていきたいと思います。


内容
出版不況の波にもまれる大手出版社「薫風社」では、
創業一族の社長が急逝し、
次期社長の座をめぐって権力争いが勃発。

そんな中、
専務の東松が進める大改革によって、
売れない雑誌は次々と廃刊のピンチに陥る。

カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水も、
無理難題を押し付けられて窮地に立たされるが……。


感想
タイトルにある通り、
まさに騙し騙されという、騙し合いを描いた作品であります。

ラストを迎えるまで、観客も予想の使い展開が繰り広げられます。

ゆえにというべきか、
観ていて飽きることのない非常に楽しい作品です。

原作小説が
大泉洋さんをイメージして主人公をあてがきした作品ということで、
主人公の速水はまさしく大泉洋さんにとってハマリ役であります。

さらに速水の部下である高野を演じた松岡茉優さんの
素晴らしい演技は、一見の価値があるものだと言えます。

必見すべき作品です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック