FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
我々は歴史の目撃者になった―ソダシが白毛馬初のクラシック制覇
4月11日、G1「桜花賞」が行われ、吉田隼人騎手騎乗のソダシが勝利しました。

ソダシは白毛馬ですが、
白毛馬がクラシックレースを制したのは牡馬と牝馬含めてこれが初めてです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

4月11日の阪神11Rで行われた第81回桜花賞
(GI、3歳オープン、牝馬、芝・外1600メートル、
18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、
吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎)が
好位追走から直線抜け出しV。
阪神JFの雪辱を期したサトノレイナスや、
史上初の母子制覇を狙ったアカイトリノムスメら
粒ぞろいのメンバーが集結した牝馬クラシックの開幕戦を制し、
桜冠奪取。
白毛馬初のJRA・GI制覇に次ぐクラシック制覇達成で、
さらに歴史を塗り替えた。
タイムは1分31秒1(良)のコースレコード。

クビ差の2着にはサトノレイナス(1番人気)、
さらに半馬身遅れた3着にファインルージュ(8番人気)が入った。

ソダシは昨年12月13日の阪神JF以来、中118日での出走で、
2019年のグランアレグリアの中111日を上回る
桜花賞史上最長間隔優勝記録を更新。
昨年のデアリングタクトに続く
史上8頭目となる無敗で桜花賞を制覇した。
また、騎乗した吉田隼人騎手は2015年以来、
6年ぶり5回目の桜花賞参戦で、クラシック競走初制覇となった。

桜花賞を勝ったソダシは、
父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、
馬主は金子真人ホールディングス(株)。
通算成績は5戦5勝。
重賞は20年
札幌2歳S(GIII)、アルテミスS(GIII)、阪神JF(GI)に次いで4勝目。
桜花賞は管理する須貝尚介調教師、
騎乗した吉田隼人騎手ともに初勝利。



素晴らしいレースでした。

このレースを観ることが出来た我々は歴史の目撃者になったと言えます。

白毛の馬がクラシック制覇をしたというだけでも凄いのに、
コースレコードでの勝利というおまけ付きというのが、
この馬のスター性を表していると言えるでしょう。

2冠目の「オークス」も期待です。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック