FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
M-1グランプリ2010
warai01.jpg

今回は12月26日に放送された、M-1グランプリ2010について書きたいと思います。今回のM-1グランプリ2010でM-1グランプリは通算10回目の開催であり最後の開催となりました。そんな最後のM-1グランプリの決勝に進出したのはカナリア、ジャルジャル、スリムクラブ、銀シャリ、ナイツ、笑い飯、ハライチ、ピースの8組で、さらにこの8組の進出者に当日敗者復活から上がってきたパンクブーブーを加えた9組で決勝が争われました。ここからは決勝1回戦での点数と順位を自分の感想を入れながら紹介したいと思います。

1位 パンクブーブー 668点 昨年王者の実力は強力すぎました。

2位 笑い飯 668点 去年と同様、とても面白い想像をさせてもらいました。

3位 スリムクラブ 644点 独特の漫才スタイルに引き込まれてしまいました。

4位 ピース  629点  又吉さんのキャラが相変わらず立ってました。

5位 銀シャリ 627点 正統派の漫才ここにありといった感じでしたね。

6位 ナイツ 626点 一昨年、昨年とはまた一味違った漫才でした。

7位 ハライチ 620点 今年もノリボケ漫才の本領発揮でしたね。

8位 ジャルジャル 606点  まさにジャルジャルらしいスタイル、といった感じでした。

9位 カナリア 592点 点数以上のインパクトがありました。

決勝1回戦はこういう結果で終わり最終決戦にはパンクブーブー、笑い飯、スリムクラブの3組が進出しました。最終決戦の点数と順位も自分の感想を加えて書きたいと思います。

優勝 笑い飯 4票 悲願達成、M-1ファンにとって納得の優勝だったのではないでしょうか。

準優勝 スリムクラブ 3票 優勝とまさに紙一重で優勝してもおかしくなかったですね。

3位 パンクブーブー 0票 パターンの同じネタで勝負というの少し残念でしたね。

M-1グランプリ20010の優勝は笑い飯に決まりました。最後となった今大会も素晴らしい漫才が出揃った大会だったと思います。遂に9回目の挑戦で悲願の優勝となった笑い飯、M-1でいう所の麒麟枠になるであろうスリムクラブこの二組の戦いは最後にふさわしい勝負でした。M-1グランプリには10年間、心から笑わせてもらいました。10年間ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック