fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
お嬢さんのグッドパートナー―リバティアイランドが牝馬3冠達成
10月15日、G1「秋華賞」が行われ、
川田将雅騎手騎乗のリバティアイランドが勝利し、
牝馬3冠達成しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

牝馬3冠最終戦「第28回秋華賞」が15日、3年ぶりに京都で開催された。
単勝1・1倍と絶大な人気を背負ったリバティアイランドが
史上7頭目となる牝馬3冠を達成。
G14勝目を飾った。
鞍上の川田将雅は38歳バースデーVを決め、秋華賞初制覇。
武豊、福永祐一、ルメールに続く
史上4人目の3歳G1完全制覇を果たした。

みんなの思いは一つになった。
3冠奪取だ。
リバティアイランドは3、4角の中間点で外からググッと前へ。
絶対女王の行進。
直線に入って早くも先頭へ。
どこまで突き放すのか。胸が高鳴る。
マスクトディーヴァが鋭い脚を放ったが関係ない。
1馬身差をつけてVゴール。
リニューアル京都で生まれた史上7頭目の牝馬3冠。
大きな拍手に包まれ、カワダコールに沸いた。
川田は潤んだ瞳に、感謝の思いを宿した。
「心から感動しました。競馬場の雰囲気が素晴らしかったですね。
勝ち切ってスタンドに戻ってくる中で、
お客さんの素晴らしい雰囲気に出迎えられました」と振り返る。
単勝支持率67・3%、1・1倍を背負って見事に勝ち切った。

3冠ジョッキーの称号を手に入れ、3歳G1完全制覇を達成した。
デビュー前からほれ込んでいた原石。
輝く姿を想像、早い段階で
阪神JFと同日に行われる香港国際競走に行かないことを決断した。
膨らんだ思いは花開き、38歳の誕生日に歴史は生まれた。
「ジョッキー生活20年目でこれだけの馬に出合えて、
競馬の神様が与えてくれた最上のプレゼント。
今回がG14勝目になりますけど、
素晴らしい背中の上にいることを幸せに思います」と喜びを語った。

管理する中内田師も晴れて3冠トレーナーとなった。
「トリッキーなコースですけど、作戦は立てずジョッキーに一任しようと。
3、4コーナーでうまく外に出して、進路をつくってくれた。
“さすが将雅だな”と。
チームが今までの経験を生かしてくれているのもあります。
みなさんの期待に応えられましたし、
ホッとした気持ちが大きい」と安どの表情を浮かべた。

川田と中内田厩舎のコンビは今週3勝、JRAで171勝を挙げた。
勝率は3割に届き、複勝率は優に5割を超える。
トレーナーはそんな鞍上を
「何も言わなくても仕事をしてくれる、仕事人。
ウチのおじいちゃんが僕と将雅を最初につなげてくれました。
祖父の命日がきのう(14日)で、翌日が将雅の誕生日。
その10月15日にリバティアイランドが3冠達成してくれた。
何かあるのかな。縁って面白いなと思います。
先祖が見守ってくれているのかな」としみじみ語った。

“川田と言えばリバティアイランド”という名パートナーが生まれた。
次走は未定だが、これからは強豪牡馬との対戦が待っている。
「返し馬でもう一つ良くなれるなという思いを感じました」と楽しみも乗せた。
色づく秋の紅葉のように、関係はさらに濃さを増していく。
大きな勲章を胸に、堂々と歩みを進める。

≪サンデーレーシング・吉田代表は感無量≫3
冠制覇の偉業達成にサンデーレーシングの吉田俊介代表も感無量の面持ち。
「強い馬だと思っていたけれど、いつも緊張しますね。
いつもながら勝ててホッとしています」と胸をなで下ろす。
「4コーナー上がって来る時に、やっぱり強いんだなと。
体にもボリュームが出て、本当にいい馬になりました」と目を細める。
注目の続戦だが、
「結果を踏まえ、ジョッキー、調教師と相談してすぐに次を決めたいと思います。
どこに行くにせよ、楽しみですね」と話していた。

リバティアイランド 
父ドゥラメンテ 母ヤンキーローズ(母の父オールアメリカン)
20年2月2日生まれ 牝3歳 
栗東・中内田厩舎所属 
馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 
戦績6戦5勝(重賞4勝目) 総獲得賞金5億4333万6000円。
馬名の由来は「米・アッパーニューヨーク湾に自由の女神が建っている島」。



3冠馬には必ずと言っていいほど「グッドパートナー」というべき
相棒(ジョッキー)がいます。

ナリタブライアンには南井克巳、
ディープインパクトには武豊、
コントレイルには福永祐一、という風に挙げればきりがありません。

そういった点において
リバティアイランドは川田将雅というグッドパートナーに恵まれました。

川田騎手はリバティアイランドのことを「お嬢さん」と呼びますが、
お嬢さんと川田騎手のコンビはまだまだ飛躍していきそうです。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック