fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強い強すぎる―イクイノックスが「ジャパンカップ」制覇!!
11月26日、G1「ジャパンカップ」が行われ、
ルメール騎手が騎乗したイクイノックスが勝利しました。


このことに関する記事が『スポニチ』に掲載されていたので以下で紹介します。

◇G1・ジャパンカップ(2023年11月26日 東京芝2400メートル)

豪華メンバーが集結したジャパンカップは、
断然の1番人気に支持されたイクイノックス(牡4=木村)が制し、
国内外で破竹のG1・6連勝。
「ロンジンワールドベストレースホースランキング」で
世界1位の貫禄を見せつけた。
勝ち時計は2分21秒8。

4馬身差の2着に今年の3冠牝馬リバティアイランド(牝3=中内田)、
3着はスターズオンアース(牝4=高柳瑞)、
4着はドウデュース(牡4=友道)だった。

イクイノックスは父キタサンブラック、
母シャトーブランシュ(母の父キングヘイロー)の血統で通算10戦8勝、
重賞は7勝目。1
着賞金5億円を加え、総獲得賞金は22億円超となり、
アーモンドアイを上回って歴代1位となった。

騎乗したルメールはJRA・G1通算49勝目。
「寒いね、直線では速すぎたから。
この馬の走り、信じられないね。
スーパーホース」と大絶賛。
ゴール後には万感の涙が浮かんだ。
木村師は同7勝目を挙げた。

▼ジャパンカップ 
「世界に通用する馬づくり」を目指すべく、
81年に創設された重賞。
第1回に参戦した外国馬は北米とアジアの8頭。
翌年から欧州とオセアニア勢が加わり、世界一の参加国数と話題に。
日本馬の初勝利は第4回(84年)カツラギエース。
外国馬の勝利は第25回(05年)の英国馬アルカセットまでさかのぼる。



パンサラッサが大逃げを打ったことにも動じず、
猛追する3冠牝馬のリバティアイランドを一切寄せ付けない、
見事な走りでした。

イクイノックスは、本当に強すぎる、まさに世界一の競走馬であります。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック