fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
虎の勢いは止まらない―流行語大賞は阪神・岡田監督の「アレ(A.R.E)」に決定
12月1日、「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・表彰式が行われ、
「アレ(A.R.E)」が大賞に選ばれました。


このことに関する記事が『TBS NEWS DIG』に掲載されていたので以下で紹介します。

■自由国民社『「現代用語の基礎知識」選
2023ユーキャン新語・流行語大賞』発表・表彰式(1日、都内)

2023年度の「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・表彰式が
1日、都内で行われ、年間大賞&トップ10が発表された。
大賞は38年ぶりに日本一に輝いた
プロ野球・阪神タイガース、岡田彰布監督(66)の「アレ(A.R.E)」。
2021年の「リアル二刀流/ショータイム」、
2022年の「村神様」に続き、
野球界から3年連続の大賞受賞となった。

岡田監督が「優勝」の隠語として使用していた「アレ(A.R.E)」を
チームスローガンに掲げた阪神は、今季18年ぶりにリーグ優勝を達成。
オリックスとの関西ダービーを制し38年ぶりに輝いた「日本一」は
「アレのアレ」と表現するなど注目を浴びた。

「アレ」の誕生は13年前。
岡田監督は由来を
「一番最初に言ったのはオリックスのときなんだよね。
オリックスの監督のとき(2010年~2012年)に1年目、
交流戦で優勝したんよ。
オリックス初めての優勝だったんだけど、選手がそわそわするんよ。
で、(スタッフも含めて)「優勝」と言うなと。
それで“アレ”(=優勝)にしようと。
あのときはずっとオリックスが20年くらい優勝が無くて
経験が無いっていうかね」と説明していた。

その他スポーツ界からは、
WBC侍ジャパン、ラーズ・ヌートバー選手(26、カージナルス)の
「ペッパーミル・パフォーマンス」や
48年ぶりに自力でパリ五輪出場を決めた
男子バスケットボール日本代表の
“アカツキジャパン”が受賞した「4年ぶり/声出し応援」が
トップ10入りを果たした。

30候補にノミネートされていた、
WBC準決勝前の大谷翔平(29)の言葉
「憧れるのをやめましょう」のトップ10入りはならなかった。

【大賞】
「アレ(A.R.E)」

【トップ10】
新しい学校のリーダーズ/首振りダンス
アレ(A.R.E.)
OSO18/アーバンベア
蛙化現象
生成AI
地球沸騰化
ペッパーミル・パフォーマンス
観る将
闇バイト
4年ぶり/声出し応援

【過去10年の流行語大賞】
2022年「村神様」
2021年「リアル二刀流/ショータイム」
2020年「3蜜」
2019年「ONE TEAM」
2018年「そだねー」
2017年「インスタ映え」「忖度」
2016年「神ってる」
2015年「トリプルスリー」「爆買い」
2014年「集団的自衛権」「ダメよ~ダメダメ」
2013年「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」



先日は優勝パレードが大変な盛り上がりを見せましたが、
ここでもう一盛り上がりというか、
流行語大賞に「アレ(A.R.E)」が選ばれたのは
まさに今年の虎の勢いをよく表していますね。

世間的に本当に盛り上がりました。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック