fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
メジャー史上最高の契約―ドジャースが大谷翔平との契約合意を正式発表
日本時間で12月12日、
ドジャースが大谷翔平選手との契約合意を正式発表しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

ドジャースは11日(日本時間12日)、
エンゼルスからフリーエージェント(FA)になっていた
大谷翔平投手(29)と契約合意したことを正式に発表した。
2日前の9日(同10日)に大谷がインスタグラム、
ネズ・バレロ代理人が
メールで契約合意に達したことを明らかにしていたが、
ド軍はこれまで発表していなかった。

大谷は球団を通じて
「ドジャースファンの皆様、
私をチームに迎え入れてくれてありがとうございます。
ドジャースと私はワールドシリーズを制覇して
ロサンゼルスで優勝パレードするという同じ目標を100%共有しています」
とコメントした。

ついに「ドジャース・大谷翔平」が正式に誕生した。
10年総額7億ドル(約1022億円)という、
メジャー史上最高額となる破格の契約。
事実上の生涯契約でもある。
エンゼルスでの6年間は
新人王、MVP2度、本塁打王と輝かしい個人成績を残して来たが、
ポストシーズン(PS)進出経験はなし。
13年から11年連続でPSに進出している常勝軍団に、
大谷が加わることになる。

大谷は9日(同10日)にインスタグラムで
「私は、次のチームをドジャースに決めました」、
「すべてのドジャースファンの皆様に、
私は常にチームのために最善を尽くし、
常に最高の自分であるために全力を尽くし続けることを誓います。
選手生活最後の日まで、ドジャースのためだけでなく、
野球界のためにまい進し続けたいと思います」などと
思いを英語の文章でつづった。
バレロ代理人も
「ユニークで歴史的契約が、
ユニークで歴史的な選手によって結ばれました。
翔平はドジャースの一員となった事に心を踊らせています。
このパートナーシップに興奮し、
両者が共に長期的に成功のため
真の献身が反映された契約をはっきりと認識しています」
などと声明を出した。

だが、メディカルチェックなどもあったと見られ、
ドジャースからの正式発表は大谷の発表から2日後にずれ込んだ。
メジャーでの試合出場の前提となる
40人のロースター枠も埋まっていたが、
この日ヤンキースの若手有望株(マイナー契約)と
1対2のトレードを成立させて、枠を2つ空け、
救援右腕・ケリーとともに大谷がドジャースの40人枠に加わった。

大谷がドジャース入りしたことで、
重量打線の破壊力がさらに増すことになる。
今季1、2番でコンビを組んだベッツ、フリーマンは
いずれも今季打率3割を超え、2人で68本塁打を放った。
さらに36発のマンシー、正捕手で19発のスミス、
実質1年目で23本塁打を放ったアウトマンら
好打者がずらりと並んでいる。
20年以来のワールドチャンピオンへ向けて
恐ろしい打線になることは間違いない。

今後は、
来年2月中旬にアリゾナ州スコッツデールでキャンプがスタート。
同22日(同23日)にオープン戦初戦を迎え、
3月20日には、韓国・ソウルでパドレスとの開幕戦を迎える。
米国での初戦は
本拠地開幕戦となる同28日(同29日)のカージナルス戦。
大谷は今年9月に右肘手術を受けたため来季は打者専念が濃厚。
リハビリを進めながら開幕戦出場を目指すことになる。



とんでもない契約となりました。

メジャー史上最高額という契約内容に、
日本のみならず世界中の野球ファンが驚くとともに納得していると思います。

これはドジャースからの期待値ということにもなるのでしょうが、
大谷選手なら必ずやこの期待に応えてくれることでしょう。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック