fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
無傷の3連勝―ジャンタルマンタルが「朝日杯FS」を制覇
12月17日、G1「朝日杯フューチュリティステークス」が行われ、
川田将雅騎手騎乗のジャンタルマンタルが勝利しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

12月17日の阪神11Rで行われた
第75回朝日杯フューチュリティステークス
(2歳オープン、牡・牝、GI、
芝1600メートル、馬齢、17頭立て、1着賞金=7000万円)は、
川田将雅騎手の
1番人気ジャンタルマンタル(牡、栗東・高野友和厩舎)が
中団のイン追走から直線で早めに先頭に立つと、
そのまま押し切り優勝。
新馬戦、デイリー杯2歳S、
そして朝日杯FSとデビューから無傷3連勝で
2歳マイル王戴冠を果たした。
デイリー杯2歳S勝ち馬による同レース勝利は、
2018年アドマイヤマーズ以来5年ぶり2頭目。
タイムは1分33秒8(良)。

1馬身1/4差の2着には武豊騎手のエコロヴァルツ(4番人気)、
さらにクビ差遅れた3着に
紅一点のタガノエルピーダ(5番人気)が入った。
なお、3番人気のダノンマッキンリーは8着、
2番人気のシュトラウスは10着に敗れた。

朝日杯FSを勝ったジャンタルマンタルは、
父Palace Malice、
母インディアマントゥアナ、母の父Wilburnという血統。
北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、
馬主は(有)社台レースホース。
通算成績は3戦3勝。
重賞は今年のデイリー杯2歳S(GⅡ)に次いで2勝目。
高野友和調教師は朝日杯FS初勝利、
川田将雅騎手は17年ダノンプレミアム、
20年グレナディアガーズに次いで3勝目。

◆高野友和調教師(1着 ジャンタルマンタル)
「とてもうれしいです。
GⅠのタイトルはなかなか勝てませんし、
馬のためにも勝ちたいと思っていました。
新馬、2戦目とゲートを出てくれて、
きょうも抜群のスタートを切ってくれました。
レースに関しては川田騎手に一任していましたし、
形は楽ではなかったと思いますが、
川田騎手がスペースをついてくれて、気づけばいいポジションにいて、
いい競馬ができたなと思います。
(勝った瞬間)うれしかったですが2歳GⅠですから、
ここもひとつのゴールですが、また新たなスタートに立ったな、と。
(距離)マイルはいいのは間違いないです。
また来年どうするか。
距離を延ばして走れるか、馬と向き合っていかないと。
延ばしても上手に走れるように取り組んでいきたいです。
(セールスポイント)性格の良さですね。
馬房でもおとなしいですし、パニックになることも少ない。
心臓も強い」



無傷の3連勝で2歳王者になったというのは凄いことです。

調教師が言うように、
これからは距離延長をしても強い走りができるのかということが
課題となってくるのでしょうが、
是非ともそこを乗り越えて世間を沸かすような競走馬になってほしいですね。






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック