fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
伏兵が砂の王者にーペプチドナイルが「フェブラリーステークス」を優勝
2月18日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、
藤岡佑介騎手騎乗のペプチドナイルが勝利しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

第41回フェブラリーステークス
(18日・東京11R1600メートルダート16頭、G1)
11番人気のペプチドナイル(藤岡佑介騎乗)が
1分35秒7で優勝し、
重賞初制覇をG1で達成するとともに1着賞金1億2千万円を獲得した。
藤岡佑騎手はこのレース初勝利で、武英智調教師は初のG1制覇。

好スタートから4、5番手を手応えよく進んだペプチドナイルは
最後の直線、残り約200メートルで先頭に立ち、そのまま押し切った。
中団から伸びた5番人気のガイアフォースが1馬身1/4差の2着。
後方から追い込んだ13番人気のセキフウがさらに首差の3着に入った。



思わぬ伏兵の勝利となりました。

正直、ペプチドナイルが勝利するとは全く予想していませんでした。

これが競馬の面白さですね。



週刊Gallop(ギャロップ) 2024年2月18日号 (2024-02-13) [雑誌]

週刊Gallop(ギャロップ) 2024年2月4日号 (2024-01-30) [雑誌]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック