fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『身代わり忠臣蔵』 出演:ムロツヨシ、永山瑛太ほか 監督:河合勇人
身代わり忠臣蔵 (幻冬舎時代小説文庫)


今回は『身代わり忠臣蔵』について書いていきたいと思います。


内容
嫌われ者の旗本・吉良上野介からの
陰湿ないじめに耐えかねた赤穂藩主が、
江戸城内で吉良に斬りかかった。

赤穂藩主は当然切腹となったが、
実は斬られた吉良も逃げ傷で瀕死の状態に陥っていた。

逃げて死んだとなれば武士の恥、
お家取り潰しも免れない。

そこで吉良家家臣の提案により、
上野介にそっくりな弟・孝証を身代わりにして
幕府を騙し抜こうという前代未聞の作戦が実行されることに。

一方、切腹した赤穂藩主の部下・大石内蔵助は、
仇討ちの機会をうかがっているように見えたが……。


感想
「忠臣蔵」と言えば、
日本人が最も愛する時代劇と言っても過言ではありません。

何度も映像化され、
その度に多くの人たちの目に触れてきました。

その日本人の心とも言うべき「忠臣蔵」を
大変ユニークにアレンジしたのがこの作品です。

主演を務めたのはムロツヨシさんですが、
ムロさんが主演というだけで分かるかもしれませんが
笑いどころが満載です。

通説の「忠臣蔵」を知っていればその違いを楽しめるでしょうし、
知っていなくともこの作品自体の面白さに満足できると思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック