fc2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「アイドルホース」の引退―アフリカンゴールドが引退
2022年のG2「京都記念」を制したアフリカンゴールドが競走馬登録を抹消し、
競走馬としての現役を引退しました。


このことに関する記事が『馬トク報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

JRAは2月29日、
22年京都記念・G2に優勝した
アフリカンゴールド(セン9歳、栗東・西園正都厩舎、父ステイゴールド)の
競走馬登録を、同日付で抹消したことを発表した。

21年10月のオクトーバーS(8着)で初めてコンビを組み、
1戦(22年アルゼンチン共和国杯)を除いて手綱を執った
国分恭介騎手=栗東・フリー=は
「楽な競馬ができない中、毎回一生懸命、
こっちの指示にこたえて、よく9歳まで頑張ってくれました。
乗せ続けてもらって、
関係者のみなさま、馬に感謝しかありません」とコメントした。

思い出のレースは、
初めて3000メートルに挑戦した23年3月の阪神大賞典・G2だという。
単勝114・0倍の10番人気ながら
2着ボルドグフーシュから首、首差の4着に逃げ粘ったが、
「その日は寝れないぐらい、今までで一番悔しかったです。
馬券に絡めず、ファンに申し訳なかったです。
京都記念を勝たせてもらってから、
馬券に絡めなかったのが心残りです」とファン思いの一面を見せる。

今後は阪神競馬場の乗馬センターで第2の馬生を歩む。
セン馬ということもあり、気が入りやすいタイプではあるが、
「うまくいけば誘導馬になれますからね。
これからの馬生が素晴らしいものになってほしい。
ファンの方にも乗ってもらって、幸せになってほしいです。
僕も(乗馬センターに)乗りに行きます」と相棒にエールを送った。



アフリカンゴールドは、
「アイドルホースオーディション2023」では現役馬部門で1位に選ばれました。

そんな「アイドルホース」の引退を悲しんでいるファンは多いかと思います。

9歳まで頑張ったアフリカンゴールドに拍手を送りたいですね。

お疲れ様でした!!



アフリカンゴールド アイドルホースオーディション2023 競馬

週刊Gallop(ギャロップ) 2024年2月25日号 (2024-02-20) [雑誌]
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック